2018年 9月 21日 (金)

大雪の「国道1500台立往生」復旧のめど立たず!除雪車も脱輪

印刷

   福井県と石川県をつなぐ国道8号線できのう6日(2018年2月)から、車1500台が大雪に閉じ込められ立ち往生している。大型トラック、乗用車が10キロ近く並び、路肩との境にはまった車やバッテリーあがりの車が目立つ。除雪車も脱輪して路肩をはみ出し、傾いて身動きがとれないでいた。

   「車列は全く動いていません」と、福井県あわら市から山田直喜リポーターが膝まで雪に埋まりながら伝える。

   「もう6時間もこの状態で、仕事に行けないと会社に連絡しました」と、運転手がうんざり顔で話す。

リポーター「車の列はまったく動きません」

tv_20180207125310.jpg

   福井駅まで5キロの大和田交差点では1車線しかつかえず、周辺は1メートルから2メートルの積雪が盛り上がる。中條雄喜リポーターは「車はまったく動かず、小粒の雪が今も降り続いています」と伝える。

   おとといから降り続く雪に、住民も「すごいとしか言いようがない。雪かきをしないと孤島になってしまうが、雪を捨てる場所もない」と話す。

浜田敬子(「ビジネスインサイダージャパン」統括編集長)「雪に慣れている地元の人がこうなるとは、相当降っているのですね。心配なのは車の人のエコノミー症候群とかで、福井に入るガソリンや食料の物流も心配です」

司会の羽鳥慎一「立ち往生の原因は複合的なことらしいですね。復旧のめどが立っていないということです」

文   あっちゃん | 似顔絵 池田マコト
今すぐ無料会員に登録して、コメントを書き込もう!

注目情報

PR
J-CAST会社ウォッチ会員向けセミナー
しごとの学校
  • 【9月28日開催】中小企業の役員・総務担当者はマスト! 企業承継と相続対策セミナー弁護士は見た!「社長が認知症に!? 悲惨な現実と対応策」

  • 【9月20日開催】人事・労務担当者必聴セミナー 「"無期転換ルール" あなたの会社は大丈夫?」 ~これからでもできる!企業のリスク回避術~

  • 追悼
    J-CASTニュースをフォローして
    最新情報をチェック
    電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中