アルマーニの標準服8万円!?銀座「泰明小学校」新学期から導入に校長センセイ珍説明

印刷

   東京・銀座の数寄屋橋にある中央区立泰明小学校が、新年度(2018年度)から高級ブランド「アルマーニ」の標準服を導入する。一式4万円だが、セーターなども購入すれば最大8万円となる。教育委員会は「学校長から標準服を変える。アルマーニがデザインすると報告を受けた」と認める方向だが、公立小学校の高額標準服導入に批判は強い。

   標準服は任意で購入するものだが、現状ではほぼ100%の児童が着用している。現在の標準服の価格は1万7000円と、アルマーニのものよりはるかに安い。

成長に合わせて何着も買い替え

   泰明小学校は1878年(明治11年)創立で、作家の島崎藤村、女優の朝丘雪路ら著名人が卒業している伝統ある学校で、この問題については、国会で麻生太郎財務相も「1人だけ買えないという人も出ると、難しい感じがする」と答弁している。

tv_20180209151208.jpg

   宇賀なつみキャスター「高いですよ。サイズが変わるから、1回買って終わるわけじゃないですからね」

   吉永みち子(作家)「3年着させようとしたら、ブカブカのものを着るようになる。それじゃあアルマーニにした意味がないですよ。子供には動きやすくて、汚れても怒られない服を清潔に使うのがいい。そもそも、標準服というのがわからないですね。親が着なくていいと言っても、子供は1人だけ着ない少数派になってしまう」

文   バルバス | 似顔絵 池田マコト
  • コメント・口コミ
  • Facebook
  • twitter
コメント・口コミを投稿する
コメント・口コミを入力
ハンドルネーム
コメント・口コミ
   

※誹謗中傷や差別的発言、不愉快にさせるようなコメント・口コミは掲載しない場合があります。
コメント・口コミの掲載基準については、コメント・口コミに関する諸注意をご一読ください。

注目情報PR
追悼
電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中