日本のメダル第1号?モーグル堀島行真―先月も絶対王者破ってW杯初優勝

印刷

   司会の真矢ミキが「平昌オリンピックで、『ビビット』はこの選手に注目しました」と紹介したのは、きょう9日(2018年)から予選が始まったフリースタイルスキー・男子モーグルの堀島行真だ。昨年(2017年)3月に行われた世界選手権に初めて出場して、いきなりモーグルとデュアルの2種目で優勝した。1月(2018年)に行われたW杯カナダ・トレンブラン大会では、絶対王者と呼ばれるカナダのミカエル・キングズベリーを破って初優勝している。

   平昌オリンピックで日本選手最初のメダリストになりそうだ。

秘密兵器の新ウエアで『金』挑戦

   岐阜第一高校のスキー部に所属していた。大場順二監督は堀島はこんな選手だったと話した。「世界を目指しているアスリートのイメージはなかったですね。W杯で優勝して帰ってきても、ボソボソと小声でしゃべるので、もっとハッキリしゃべれって、僕から怒られたぐらいです」

   長野五輪モーグル日本代表だった原大虎氏は堀島をこう評価する。「スピードで注目されているうえ、ジャンプのエアも最高難易度の技を持っています。ジャンプ台に入るスピードが速いから、着地の後のスピードも速く、トータルでものすごい迫力がありますね」

   堀島は平昌五輪には秘密兵器のウエアを着用して臨むという。新潟・長岡のオンヨネ社が作成したもので、ズボンの裾の幅が1サイズ広くしてある。こうすることで、両足の膝がぴたりとくっ付いて見える。モーグルでは膝を開かずに滑ることがポイントにつながるのだ。

文   モンブラン
  • コメント・口コミ
  • Facebook
  • twitter
コメント・口コミを投稿する
コメント・口コミを入力
ハンドルネーム
コメント・口コミ
   

※誹謗中傷や差別的発言、不愉快にさせるようなコメント・口コミは掲載しない場合があります。
コメント・口コミの掲載基準については、コメント・口コミに関する諸注意をご一読ください。

注目情報PR
追悼
電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中