2018年 11月 20日 (火)

メダル第一号のモーグル原大智は東京渋谷区出身 雪を求めてカナダに留学した異色の伏兵が大活躍

印刷

   平昌(ピョンチャン)五輪で日本のメダル第一号は男子モーグルの原大智選手(20)の銅メダルだった。冬季競技選手の多くが北海道や長野など北国出身の中で、東京都渋谷区広尾で育った異色の経歴を持つ。ワールドカップの表彰台経験もなかった伏兵は「ただただ嬉しい。その言葉以外にない」と喜びを語った。

「元気で、礼儀正しく、負けず嫌いの性格」

tv_20180213120939.jpg

   原は、広尾中学時代は週末に新潟県のスキー場まで練習に通い、卒業後はカナダに留学して技を磨いてきた。「元気で、礼儀正しく、負けず嫌いの性格」(元モーグル日本代表の桑原竜司さん)という。W杯後はターンが安定し、ジャンプのグラブ(スキー板)をつかむ独自のスタイルが高得点につながった。

   日本勢初メダルになった感想を司会の羽鳥慎一に「きょうはいけるぞという感じがあったの?」と聞かれて、原は

「緊張感はあって心臓がドキドキしていたが、スタートから楽しくて早く出たかった。きょうはいけるぞ、の感覚はありました」

と、張りつめた声で答えた。準決勝で1位になった時からいけると思ったそうで、「世界選手権のどん底から這い上がってきたなと感じた。あした(2018年2月14日)朝まで平昌にいて、帰ったら少し休みたい」と、最後はホッとした声を出した。

   羽鳥「中学卒業後に親元を離れて練習してきて、初の五輪でメダルをつかみました」

文   あっちゃん | 似顔絵 池田マコト
今すぐ無料会員に登録して、コメントを書き込もう!

注目情報

PR
追悼
J-CASTニュースをフォローして
最新情報をチェック
電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中