韓国を訪問した北朝鮮の金与正さんが帰国 兄・金正恩氏に報告した内容と返事が意味深

印刷

   モーニングショーが13日(2018年2月)、朝鮮中央通信などの報道をもとに「速報」として伝えるところによると、韓国を訪問していた北朝鮮の金与正(キム・ヨジョン)さんが帰国し、文在寅大統領との会談内容などについて、兄の金正恩委員長に報告したそうだ。

「金正恩委員長はしてやったりではないか」

tv_20180213122420.jpg

   金正恩氏は「韓国が誠意をつくし、努力している姿が印象的だ」と報告内容を高く評価。さらに、南北関係の改善を急ぐように指示をしたという。

   辺真一・コリア・レポート編集長はこう語る。

   「金正恩委員長はしてやったりではないか。今回の件を北朝鮮は大々的に報道している。今後、北朝鮮が南北の和解ムードを一気に高め、加速させる思い切った措置、行動を取ってくると予感させる」

   青木理「今回、はじめて金正恩体制の顔が見えたという印象ですね。妹の金与正という事実上のナンバー2が出てきて、外交をした。金正恩体制が何を考えているか、誰もわからない状況だったが、初めて顔が見えて、しかも南北関係の改善に相当、本気なんだなと。今後、南北関係や米朝がどう動いていくのか、注目ですね」

似顔絵 池田マコト

  • コメント・口コミ
  • Facebook
  • twitter
コメント・口コミを投稿する
コメント・口コミを入力
ハンドルネーム
コメント・口コミ
   

※誹謗中傷や差別的発言、不愉快にさせるようなコメント・口コミは掲載しない場合があります。
コメント・口コミの掲載基準については、コメント・口コミに関する諸注意をご一読ください。

注目情報PR
追悼
電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中