2018年 5月 21日 (月)

羽生結弦 4回転ルッツ跳ばない?「クリーンに滑るプログラムで勝つ」

印刷

   「何も不安要素はない」

   フィギュアスケートの羽生結弦選手は、きのう13日(2018年2月)に本番リンクで行われた練習後の記者会見でこう力強く述べた。練習には予定より1時間も早く現れた。3か月前に右足首のけがをして以来、公の場では1度も4回転を跳んでいなかったが、この日はフリーに使う曲に合わせ、4回転トーループ、1回転ループ、3回転サルコウと3連続ジャンプにも挑戦、計5回の4回転ジャンプを披露した。

   日本テレビ系・平昌五輪メインキャスターの荒川静香さんは、「サルコウとトーループを見る限りでは、ケガが影響している印象はないですね」と語った。一方で「右足で踏み切って下りてくるループはまだやっていないので、ゆっくり時間をかけて慎重に入っていくのかな」と不安要素も指摘した。

難しい技で無理するより、確実な滑りで高得点

tv_20180214114559.jpg

   羽生は会見でも「ループの可能性は?」と聞かれて、「たくさんの選択肢があるし、自分のなかでは、クリーンに滑れば絶対に勝てるっていう自信があるし、そのクリーンに滑るプログラムを何にしていくかは、これから徐々に調子をあげて行くなかで決めたいです」と話した。

   羽生のコーチのオーサー氏はこれまで「今回は4回転ルッツを回避する」と明らかにしている。難易度の高い4回転なしで勝算はどうなのか。これについて荒川さんは、4回転ルッツを跳ばなくても、技術をカバーすれば高得点を出せると見ている。実際、2017年の世界選手権では、4回転ルッツは跳ばなかったが世界最高点をあげている。

文   一ツ石 | 似顔絵 池田マコト
今すぐ無料会員に登録して、コメントを書き込もう!

注目情報

PR
追悼
J-CASTニュースをフォローして
最新情報をチェック
電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中