渡部暁斗「ミスターナンバー2」返上できず...「自分らしい」と苦笑

印刷

   「きのう(2018年2月14日)は金3つと予想したんですが、本当に金メダルって、とるのは難しいですね。しかし、見事な銀メダルでした」

   司会の小倉智昭が平昌の特設スタジオから伝える。その悔しさをかみしめた1人が、平昌オリンピックノルディックスキー複合個人ノーマルヒルの渡部暁斗だ。ゴール直前までデッドヒートを繰り広げ、4年前のソチオリンピック同様、ドイツのフレンツェルの背中を見ながらゴールすることとなった。2大会連続で銀色のメダルに終わった。

ラージヒルはもちろん「金」狙い

tv_20180215125208.jpg

   渡部は数々の世界大会で2位が多く、「ミスターナンバー2」と呼ばれているが、「もう2という数字は見飽きている」とオリンピック前に語っていた。きのうのゴール後のインタビューでは、「メダルをとれてほっとしているのが半分と、悔しいのが半分。ちょっとした最後の弱さが自分らしさ、といえば自分らしさですね」と苦笑した。

   試合会場できのうの前半のジャンプを見守った小倉はこう話す。「たしかに渡部選手はミスターナンバー2とかシルバーコレクターという名前をもらっていますが、去年から今年にかけてのワールドカップの総合ランキングでは1位なんですよ。彼はいまジャンプがいいですから、ラージヒルではぜひ金メダルをとってもらいたいですね」

文   キャンディ | 似顔絵 池田マコト
  • コメント・口コミ
  • Facebook
  • twitter
コメント・口コミを投稿する
コメント・口コミを入力
ハンドルネーム
コメント・口コミ
   

※誹謗中傷や差別的発言、不愉快にさせるようなコメント・口コミは掲載しない場合があります。
コメント・口コミの掲載基準については、コメント・口コミに関する諸注意をご一読ください。

注目情報PR
追悼
電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中