2018年 9月 21日 (金)

1回転半負けてた!平野歩夢VSショーン・ホワイト「銀と金の分かれ目」

印刷

   平昌オリンピック・スノーボード男子ハーフパイプは、ショーン・ホワイトの金、平野歩夢の銀で終わった。2人の技の難度はほぼ同じ。プロスノーボーダーの藤沼到さんは「平野選手は国際大会のどこでやっても優勝するランでしたが、ショーン選手はすべて回り続けていた」ところが違うと指摘する。平野が95・25点を出した2回目の滑走の回転数は合計15回。これに対して、97・75点を出したショーンの3回目の滑走は合計16回半だった。平野より1回転半多かったのだ。

「目の前に見えた金が銀に変わった」

tv_20180215143831.jpg

   平昌のTBSスタジオで平野は「最後の最後まで目の前に金の可能性があったのに、その最後で銀になってしまった」とやはり悔しそうに話す。

   司会の国分太一が「競技を振り返ってみましたか」

   平野「細かい点で悔しさが残る部分を感じますが、結果を受け入れ、新しい課題に進めればなと思っています」

   早く二人の次の対決が見たい。

文   モンブラン | 似顔絵 池田マコト
今すぐ無料会員に登録して、コメントを書き込もう!

注目情報

PR
J-CAST会社ウォッチ会員向けセミナー
しごとの学校
  • 【9月28日開催】中小企業の役員・総務担当者はマスト! 企業承継と相続対策セミナー弁護士は見た!「社長が認知症に!? 悲惨な現実と対応策」

  • 追悼
    J-CASTニュースをフォローして
    最新情報をチェック
    電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中