2018年 5月 22日 (火)

金メダル最有力は宇野昌磨、次いで羽生結弦・・・英国ブックメーカー最新オッズ

印刷

   平昌オリンピック・フィギュアスケート男子シングルはきょう15日(2018年2月)がショートプログラム、あす16日にフリーが行われるが、イギリス最大手のブックメーカー「ウィリアム ヒル」のオッズでは、宇野昌磨選手が2.37倍で金メダル最有力、次いで羽生結弦選手が2.50倍、アメリカのネイサン・チェン選手が4.50倍だ。

   1週間前はチェンが1位、羽生と宇野は2位だったが、「9日から行われたフィギュア団体戦で評価がガラっと変わりました」(司会の羽鳥慎一)

tv_20180216132301.jpg

   団体戦で男子シングル1位だった宇野の評価が急上昇し、失敗が多かったチェンは評価を落としたという。

玉川徹(テレビ朝日解説委員)「(日本人の)ワンツーフィニッシュってこともあるわけだね」

今すぐ無料会員に登録して、コメントを書き込もう!

注目情報

PR
追悼
J-CASTニュースをフォローして
最新情報をチェック
電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中