2018年 9月 26日 (水)

葛西紀明「次の北京も、その次の札幌も行く!」団体で俺にメダルとらせてくれ

印刷

   平昌オリンピックのジャンプ団体が昨夜19日(2018年2月)に行われ、日本は6位に終わったが、リーダーの葛西紀明選手(45)は「4年後の北京ではメダルをとりたい」と宣言した。

   今回の五輪で葛西はイマイチだった。ノーマルヒル21位、ラージヒル33位、団体でK点越えがやっとという状況だった。ニュースデスクの笠井信輔は「金メダルの羽生結弦選手も小平奈緒選手も『もう少しやりたい』と控えめなのにに、葛西選手は『絶対に行く』というんですよ」と、けさの朝日新聞の記事を紹介した。姉の浜谷紀子さんが登場していて、記事の見出しは「弟よ いつまでも飛んで」だった。

「数値で若者に負けたら引退する」

tv_20180220125901.jpg

司会の小倉智昭「ベテランが頑張ると、若い選手が出られなくなるというのはありますが、葛西選手は監督でもありますが、トレーニングをして、走ったりしても、若い人がかなわないんだそうです、いまだに。だから年齢だけの問題じゃない」

笠井「数値が若者に負けたら引退だと、お姉さんに話しているといいます」

   昨夜、最後の小林陵侑選手が飛び終ると駆け寄って、「北京五輪では団体で俺にメダルをとらせてくれ」といったというから、これはどうやら本気だ。

小倉「北京だけじゃなくて、その次は札幌になるかもしれないといったともいいます」

選手層の薄さの裏返し

   札幌では53歳。中江有里(俳優)は「自分より上の人が頑張っているのを見ると、年齢って、ハードルじゃないのかなと思いますね」

安田洋祐(経済学者)「若い世代が出てきて、葛西さんが出たくても出られない状態を作らないと・・・」

小倉「ノルウェーとかドイツは、ジャンプの層が厚いんですよ。日本はもっともっと若い人に飛んでもらわないと」

文   ヤンヤン | 似顔絵 池田マコト
今すぐ無料会員に登録して、コメントを書き込もう!

注目情報

PR
J-CAST会社ウォッチ会員向けセミナー
しごとの学校
  • 【9月28日開催】中小企業の役員・総務担当者はマスト! 企業承継と相続対策セミナー弁護士は見た!「社長が認知症に!? 悲惨な現実と対応策」

  • 追悼
    J-CASTニュースをフォローして
    最新情報をチェック
    電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中