2018年 8月 22日 (水)

「渡部暁斗」骨折隠してた!痛みこらえてジャンプとクロカン3戦

印刷

   ノルディック複合の渡部暁斗選手は、平昌オリンピック直前の練習中にジャンプで転倒して肋骨を折っていたと河野孝典コーチが明かした。きのう22日(2018年2月)行われた団体戦で渡部はアンカーで完走したが、3位との差は大きく、追い抜くことはできず4位に終わった。これもけがの影響だったのか。

直前のW杯で転倒

   コーチによると、ケガをしたのは今月2日行われたW杯白馬大会の公式練習で、ジャンプの着地で転倒して肋骨を折ったという。しかし、その翌日に行われた競技で優勝、その次の大会でも3位になっている。平昌五輪には痛みを抱えながら望んでいたという。

tv_20180223120511.jpg

   司会の小倉智昭は「肋骨は折れやすいが、クロスカントリーはストックワークだから、かなり痛かったと思いますよ。去年11月には肋軟骨を骨折しているんですよ。それでもW杯5勝しているわけでしょう。どんな体してるんだ」

   木下康太郎アナ「平昌では3戦してますから、まさに命がけで闘っていたんです」

   小倉「負けず嫌いの人だからと言っても、肋骨は呼吸しても痛い」

   中瀬ゆかり(「新潮社」出版部長)「いまだにご本人は何も言ってないのが、武士道的で感動しますね」

文   ヤンヤン | 似顔絵 池田マコト
今すぐ無料会員に登録して、コメントを書き込もう!

注目情報

PR
J-CAST会社ウォッチ会員向けセミナー
しごとの学校
  • 【限定30名】スマホでわかるGDPR入門セミナー~あなたの会社、準備は大丈夫ですか?~

  • 企業承継と相続対策セミナー弁護士は見た!「社長が認知症に!? 悲惨な現実と対応策」

  • 「"無期転換ルール" あなたの会社は大丈夫?」 ~これからでもできる!企業のリスク回避術~

  • 追悼
    J-CASTニュースをフォローして
    最新情報をチェック
    電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中