2018年 9月 25日 (火)

「我こそが嵐だ」中国のかっこよすぎる実況が話題 ネットを沸かせた五輪ネタ

印刷

   五輪期間中、ネット上では競技以外の話題でも盛り上がった。

   まずは「中国の実況アナウンサー、羽生くんのことが好きすぎて笑った」「中国の実況の台詞がかっこよくて感動!」とネットを盛り上がらせた中国の実況だ。

女性スポーツアナの文学的実況がスゴすぎる

tv_20180226121134.jpg

   「こんな話が浮かびます。運命が勇者に対し『お前は嵐に逆らえない』とささやく。勇者は低い声で言い返す。『私こそが嵐だ』と。羽生結弦は運命に立ち向かう勇者です」と、羽生結弦選手のフリーの後に文学的な表現で感動を伝えた。

   この声の主はスポーツ専門チャンネル「CCTV5」のアナウンサー、チェン・インさん。2001年に入社したインさんは、中国でフィギュアスケートの実況をさせたら右に出るものはいないほどの女性スポーツアナだ。

「お尻パッド」入れてる?

   「お尻がめちゃくちゃ発達している」とネットをザワつかせたのは、米の男子フィギュアスケート、アダム・リッポン選手(28)だ。あまりの美尻に、「ニセモノ疑惑」の騒ぎが起こったという。

   これには本人も「僕がお尻パッドを着用していたか議論になっているようだね。答えはノーだ。みんなが僕のお尻に興味を持ってくれたことに感謝するよ」と言っている。

   国分太一「ホンモノのお尻でいいんですよね...」

   村上佳菜子さん(プロフィギュアスケーター)「本物ですよ!変なの入れていたら動かせないじゃないですか(笑)。努力の賜物です」

文   ピノコ | 似顔絵 池田マコト
今すぐ無料会員に登録して、コメントを書き込もう!

注目情報

PR
J-CAST会社ウォッチ会員向けセミナー
しごとの学校
  • 【9月28日開催】中小企業の役員・総務担当者はマスト! 企業承継と相続対策セミナー弁護士は見た!「社長が認知症に!? 悲惨な現実と対応策」

  • 追悼
    J-CASTニュースをフォローして
    最新情報をチェック
    電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中