2018年 11月 16日 (金)

マススタートで高木菜那が2つ目の金メダル 狙い澄ました滑りのテクニック

印刷

   今回の平昌(ピョンチャン)五輪から登場したスピードスケート女子の「マススタート」が、24日(2018年2月)行われ、高木菜那選手が記念すべき初代の女王になった。パシュートに続く2つ目の金メダルで、「美帆のお姉ちゃん」の屈辱も脱した?

   変わった競技だ。スピードスケートといえば、2人ずつがタイムを競うものだが、16人が一度にリンクに上がり、16周(6400メートル)する。まあ、ショートトラックを長くしたというか。最後に大勢が競い合うのは、自転車競技のようでもある。

「お姉ちゃんの方が経験豊富で、状況判断も長けている」

tv_20180226131103.jpg

   日本からは佐藤綾乃と2人が出場したが、佐藤は予選で転倒してしまい、決勝16人に残れなかった。

   スタートしても、全力では走らない。ゆっくりとしたスピードで周回を続ける。高木は序盤は後方にいて、風圧を避けていた。155センチは、16人の中でもひときわ小柄だ。しかし、他の選手の動きを入念に見ていた、

   最後の2周からスピード全開になる。先頭集団は7人、高木は3番目にいた。あと一周になった時は2番手。そして最後のコーナーで先頭のオランダ選手が膨らんだ内側に切り込んで先頭に立つと、そのまま振り切ってゴール。計算通りだったらしい。

   「イレーネの後ろについていたが、前のコーナーでふくらんでいたので、これはインからいけるなと思っていた」「本当は佐藤と2人でワンツー狙っていたので、悔しい部分」「パシュートとは違った重みの金メダル」と高木は言った。

   スタンドでは、高木美帆と父の愛徳さんも見守っていた。美帆は「マススタートではお姉ちゃんの方が経験豊富で、状況判断も長けている」と言った。ぴったりと接近した滑りはパシュート仕込み、小柄を生かして風圧を避ける、他選手の動きを読む、ここぞという時のダッシュ......

   表彰台ではぴょんと飛び上がった。2、3位の選手よりひとつ小さい。しかし大きなチャンピオンになった。

部屋に引きこもった韓国選手、僧侶が出場を説得

   レースで高木に終始ぴったりとついて、ダッシュで2位になったのが、韓国のキム・ボルム選手。パシュートの予選で、3番手の選手を置き去りにしたことで、轟々たる非難を浴びた選手だ。ウイニングランで、氷上に韓国国旗を置いて、ひざまづいて観覧席に向かって土下座した。「申し訳ないという思いで」と話した。

   報道によると、非難を浴びた後、部屋にこもってしまっていたのを、スケート連盟が僧侶を送り込んで説得したという。実力はこれで証明された。

   小倉智昭「韓国のスピードスケート界ではスターなんですよね」「W杯では、予選で転倒した佐藤選手が勝っている。もし決勝まで来ていたら、ワンツーもあったかもしれない」

   まあ、いろんなドラマがある。で、「とくダネ」は勝手に、高木姉妹の報奨金の計算を始めた。菜那は金2つで1000万円、美帆は金、銀、銅だから800万円。他にスケート連盟からも同額が出る。嫁入り資金にはもう十分だろう。

文   ヤンヤン | 似顔絵 池田マコト
今すぐ無料会員に登録して、コメントを書き込もう!

注目情報

PR
追悼
J-CASTニュースをフォローして
最新情報をチェック
電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中