2018年 12月 19日 (水)

カー娘史上初の銅メダルの視聴率は42.3% 「え~、スゴ~イ。紅白みたい」と選手も笑顔

印刷

   日本女子初の快挙に、テレビ視聴率も高い数字で祝福した。

   24日(2018年2月)にNHK総合で生中継され、史上初の銅メダルを獲得した平昌五輪のカーリング女子・3位決定戦(午後7時30分~11時)が平均25.0%、瞬間最高42.3%(関東地区)と高視聴率を記録したことが26日わかった。ビデオリサーチが発表した。

羽生結弦の金メダルの瞬間最高46.0%に迫る

   瞬間最高は午後10時43分。その2分前に日本が激戦に終止符を打って英国に勝利、日本チームが喜び合い、会場の観客に手を振る場面だった。羽生結弦が金メダルに輝いたフィギュアスケート男子フリーの瞬間最高46.0%に迫る数字だ。

   26日、韓国で報道陣から日本での高い視聴率の数字を聞いたサード吉田知那美(26)らは、大きく目を見開いて「え、すご~い。紅白歌合戦みた~い」と喜んでいた。(テレビウォッチ編集部)

今すぐ無料会員に登録して、コメントを書き込もう!

注目情報

PR
J-CAST会社ウォッチ会員向けセミナー
しごとの学校
  • ついに第1号か!? GDPR違反で巨額制裁金 課される企業はあの......

  • 追悼
    J-CASTニュースをフォローして
    最新情報をチェック
    電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中