2018年 11月 22日 (木)

韓国と北朝鮮の融和が目立った平昌五輪が閉幕 開会式は一緒だったのに閉会式は別々の謎

印刷

   韓国と北朝鮮の融和ムードが目立った平昌(ピョンチャン)五輪だが、きのう25日(2018年2月)の閉会式では様子が違った。

これでは何のための合同入場行進、統一チームだったのか

   開会式は合同ユニホームと南北統一旗で入場した両国だったが、閉会式はユニホームが別々。北朝鮮代表団が南北統一旗と北朝鮮の旗を持っていたのに対し、韓国側は韓国国旗のみを持っていたという。

   辺真一コリア・レポート編集長「閉会式では、(入場の仕方などの)取り決めがなかった。しかし、終わりよければすべてよしで、(閉会式で)別々に出てくるなら、何のための合同入場行進だったのか、統一チームだったのか。開会式は別々で、閉会式で一緒に出てくるほうがまだよかった」

   辺真一氏はこうも語った。

「私自身、ガッカリした。いままでの努力が水の泡じゃないかと」

   こうした背景には、韓国側が北朝鮮側に一度は支給したアイスホッケー競技用の装備について、「ユニホームや道具、ブランド品はぜいたく品にあたり、渡せない」として北朝鮮に返却を求めたという報道もあり、関係が気まずくなったことがあるとみられる。

今すぐ無料会員に登録して、コメントを書き込もう!

注目情報

PR
J-CAST会社ウォッチ会員向けセミナー
しごとの学校
  • 「就活応援」トークライブ北条かや×石渡嶺司の「会社に騙されないシューカツ」

  • 追悼
    J-CASTニュースをフォローして
    最新情報をチェック
    電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中