2018年 7月 20日 (金)

大杉漣「週刊現代」グラビアいいね~丸首にYシャツ羽織って彼らしい素顔

印刷

   大杉漣が亡くなった。それも突然。享年66。私は漣の熱心なファンではなかったが、彼の外連味のないキャラクターは好きだった。追悼番組「徹子の部屋」に40代の漣が出ていた。青年のように若々しく、サッカー好きで、母親が短距離選手だったので、走るのは早いと語っていた。

   上京したのはフォークシンガーになりたかったためだったという。ハーモニカとギターを弾きながら歌ったが、なかなかのものだった。たけし映画の漣はさほどいいとは思わないが、山田洋次監督の「たそがれ清兵衛」の彼はいい味を出していた。こういういい役者が次々にいなくなる。残念なことだ。

   週刊現代がグラビアで大杉漣の追悼特集をやっている。これを見ていて、漣という役者は、ドラマに出るとその役になり切ることのできる人だが、やはり素顔のままがいい。丸首シャツ(今はこういういい方はしないのだろう)の上に文字が書かれたYシャッを羽織って、足でサッカーボールを踏んでいる。この雰囲気が漣らしくて、とてもいい。

   漣の死に触発されて、週刊文春と週刊新潮が「突然死にならないために」という特集を組んでいる。大杉漣は60すぎても好きなサッカーをやり、腰痛はあったが、たばこは10年位前に止めていたそうだ。なくなる少し前の「大杉漣の漣ぽっ」鎌倉編を見たが、寒空でも元気で、いつもの軽妙な語り口も同じだった。

   死因とされるのは急性心不全のようだが、その原因はいろいろあって、こうすれば防げるという「妙案」はないようだ。冠動脈に血栓が詰まっておきる心筋梗塞は、高脂血症、高血圧、糖尿病、喫煙習慣、歯周病が原因するといわれるそうだ。私は糖尿だが、血圧は上が130で下が70だからまあまあか。たばこは昔から吸わないが、大杉漣のように10年前に吸っていると、血管が細くなっているため、その後やめても元には戻らないそうだ。

   彼はタクシーで病院へ連れて行かれたが、救急車のほうが適切に処置してくれる病院へ運んでくれるので、いいそうだ。急激な温度変化や酒を飲むと脱水気味になるので、水分補給をして寝るようにする。

   もしや、と心配な人は、冠動脈CTを撮れば危険度がわかるそうだ。保険がきくから5000円か1万円でできるというからすぐに行くといい。

北島三郎の次はビートたけしの馬?「キタノコマンドール」で凱旋門賞狙う

   積水ハウスという会社がある。ここでもお家騒動が起きたらしい。週刊文春が報じている。社長、会長を20年もやった和田勇氏が阿部俊則社長を退任させようとしたら、逆に辞めさせられてしまったそうだ。

   事の発端は、昨年6月(2018年)に同社が東京・五反田の元旅館の土地取引を巡り、63億円を「地面師」から詐取されてしまった一件だ。その責任を追及しようとした和田だったが、社長側の取締役たちが「責任を阿部に押し付けようとしている」と反逆して、和田の方が追い込まれ、辞任させられたというのである。住んでいる家から追い出され、車も部屋も取り上げられてしまった。

   OBによると、60億円といったら住宅一戸当たりの純利益を一例に考えると、3000万円の家を2000戸売ってやっと出る利益だという。そのことを考えれば、決済を行った経営側が許される話ではなく、和田追い落としに回った役員の中には、この稟議に関わった者もいるという。

   <「要は和田さんに対し『自分たちが生き残るためにあなたが死んでください』と言っているようなもの」(OB)>

   この騒動、お互いが責任をなすり合ったために起きたようだが、OBがいうように、和田が「自分も辞めるから社長も辞めよう」と喧嘩両成敗にすれば、ここまでこじれなかったのではないか。

   私は仮想通貨については無知だが、知ろうとも買ってみようとも思わない。週刊新潮はそんな「リスク100%」の仮想通貨について大特集を組んでいるが、これを担当した編集者も<犯罪のツールにもなり得る仮想通貨。リスクに満ち満ちた招待状を受け取るか否かは、あなた次第だ>と投げやりである。

   たしかに、「億り人」といわれるのはいるらしい。都内の20代、妻子持ちのケースはこうだ。「いま現在持っている仮想通貨は、含み益で4億円超」だという。「その他に現金化したものも2億円あります」

   この男性、高卒で会社員になったものの、キャバクラ通いで800万円の借金を作った。ところが、不動産投資が当たって退社し、不動産業を始めたという。<「仮想通貨を始めたのは、昨年1月。友人が怪しい仮想通貨セミナーに誘われ、興味を持った。まず500万円でビットコインを、次に500万円で別のコインを買いました。100種類以上に手を出して一番当たったのはADKというコイン。短期間で80倍に上がり、これだけで億の利益です」>

   この若者、昔はベンツが好きだったが、いつでも買えると思うと興味がなくなったという。キャバクラに4000万円持って行って使おうとしたが、会計はわずか70万円だった。

   昔からこの手の金儲け話セミナーには、こういう輩が壇上で「僕でもできるのだから、皆さんもやってみませんか」と大声で吠えるのが「お決まり」であった。私は、こういう記事を読んでもやろうなどとこれっぽっちも思わない。だいいち、悔しいがカネがない。10億円持っていたら、10万円ぐらいコインを買ってみてもいいがね。

   儲け話ではないが、先週の日曜日(2月25日)、ビートたけしが名付けたという3歳馬、キタノコマンドールが9レースの「すみれステークス」(オープン・芝2200メートル)に出走した。この馬はDMM.com証券が始めたDMMバヌーシー(競走用馬ファンド)が購入した。父ディープインパクト、母ベネンシアドールで2億円超の超良血馬である。

   新馬戦は2番人気で勝利。このレースに勝てばクラシック路線に乗れる一戦。キタノは終始最後方を進んでいたが、直線を向くと鮮やかな末脚を見せて快勝した。たけしはフランスの重賞レース「凱旋門賞」を狙うと吹いていたが、ひょっとすると・・・と思わせる馬である。

   去年は北島三郎、今年はたけしということになるか。

眞子さま・小室さん「結婚ゴタゴタ」よくある話・・・最後に折れるのは母親

   週刊新潮の小室家追及特集から。週刊新潮は、元婚約者から400万円以上のカネを借り、それを返済しろ、あれは贈与だというトラブルを抱えている家庭に、<将来のお世継ぎのお姉さまとなる内親王が嫁いで来られるといった状況は、およそ好ましくあるまい>と手厳しい。

   だが、夫に早く死なれ、女手一つで息子を育てる厳しさは、私にもわからないではない。彼女が懸命に生きてきた中で、一つ二つ過去のトラブルが暴かれたからといって、息子の結婚が破談になるというのはいかがなものだろうか。これからは、皇室の女性と結婚しようという男などほとんどいなくなってしまうのではないだろうか。

   週刊新潮はさらに、厳しい財政状況なのに息子を都内のインターナショナルスクール一貫校へ通わせ、早慶上智よりも入学金の高いICUへ入れたことも批判する。ここは交通の便が悪いため、ほとんどの学生が寮に入るが、入寮時には5万6000円、寮費は年間で約50万円もするというのだから、母親は大変だったろう。息子はさらにUCLAに留学しているから、1年間で最低でも200万円ほどの留学費用がかかるそうである。

   母親は息子を最高の学校へ通わせたいという強い意思があり、カネがかかる高校、大学へ入れたことで、今回のような金銭トラブルを起こしてしまったのかもしれない。それを一方的に非難できるのだろうか。私にはできない。

   <「小室家側が現状を打破するため、借金問題の解決や小室さんの年収アップなどの方策を考えねばならないはずですが、そうした動きは一向に見えません」(秋篠宮家に通じる人物)>

   圭さんは国際弁護士を目指してパラリーガル職についているが、一橋大学大学院にも通っているそうだ。彼は勉強が好きな学者肌なのではないか。秋篠宮紀子さんの父親も学者だったはずだから、その生活の苦労を彼女は知っているのだろう。女性セブンによれば、紀子さんと眞子さんは家にいても口をきかないそうである。

   生活力のなさそうな男を好きになった娘を心配する母親。どこの家でもある風景だ。最後は娘の思いを受け入れ、折れるのは母親の方である。

ラブホテルにシニアが押し寄せている!年金支給日に夫婦でやってきて、酒飲み放題、介護ベッドあり

   お次は週刊新潮の不倫に溺れる市長のお話。近江の国、今の滋賀県長浜市は、豊臣秀吉が名付け親となった城下町である。織田信長の一家臣だった秀吉が一国一城の城主になったのが「長浜城」で、出世城といわれているそうだ。そこの新しい城主である藤井勇治市長(68)が、人妻との情事に溺れているというのだ。

   2月25日(2018年)に市長選があり、自民・公明・民進の推薦を受けて3選を果たした。週刊新潮によると、告示を控えた1月31日から2月13日までの約2週間で、計4回にわたって40代の女性と逢瀬を重ねていたというのである。ちなみに、市長センセイは離婚していて今は独身だが、女性の方は別居していて離婚協議中だそうだが、まだ離婚はしてない。このセンセイ、自分の肝いりで昨年7月にオープンした複合施設の飲食店の責任者として、彼女を抜擢したというのである。子育て支援ならぬ愛人支援には熱心なようだ。

   市民との交流会と称する「座ぶとん会」を年間約130回も開催しているが、参加者に男が多いとすぐ帰るというそうだ。女性の参加者とは手を握ったり、背中を撫でたり、時には行きつけの旅館に誘うというのだから、女を漁るためにやっているのではないかという批判も当然ある。

   週刊新潮が直撃すると、「その女性のことは知らない。私には関係ない、関係ない。関係ないんだッ。新潮さん無礼だろうッ」と、一目散に逃げだしたそうである。公私混同している市長では、とても「今太閤」にはなれないと週刊新潮が結んでいるが、困ったものだ。

   週刊ポストにラブホテルにシニアが押し寄せているという記事がある。少し前までのラブホは若者たちに人気があり、入って酒を飲んだり、大画面でカラオケをやったりしていて、SEXをしなくても楽しめるといわれていた。その若者たちが離れ、その代わりにシニアたちが、年金支給日に夫婦で来たりするようになっているというのである。

   腰の痛い客のために介護用のベッドを導入したり、アルコール飲み放題、ボトルキープもできるラブホまであるという。重い荷物がある時は、「運びましょうか」と声をかける。エアコンやカラオケの操作が分からなければ、部屋まで行って教えてあげる。そのうち、腹上死したらすぐ対応します、というのを売りにするラブホもできるかもしれない。

春場所で「貴乃花部屋」潰し!弟子の貴景勝や双子若手に刺客

   栄監督が伊調馨にパワハラをしていたという告発だが、少し様相が変わってきたようである。栄監督はそうしたことはないと否定し、日本レスリング協会も「伊調選手の練習環境を不当に妨げ、制限した事実はない」という見解を発表した。

   だが、告発状を受け取った内閣府は事実関係を調べる意向を示したそうだ。伊調は告発状には一切関わっていないとコメントを出したが、「しかるべき機関から正式に問い合わせがあった場合はご説明することも検討したい」といっている。

   女子レスリングという「伏魔殿」で何が行われていたのか。伊調だけではない女子選手へのパワハラや、もしかするとセクハラ問題も浮上するかもしれないと私は思っている。東京五輪まで時間がない中、メダルの金城湯池である女子レスリング界に起きた醜聞がどういう結着を見るのか、予断を許さない。

   最後は11日から始まる大相撲三月場所の話題。週刊ポストは反貴乃花勢力は「親方の次は弟子も潰せ」と号令をかけていると報じている。暴行問題からようやく復帰した十両・貴ノ岩を含め、貴公俊(たかよしとし)が新十両になり、弟・貴源治とともに双子関取になる。部屋頭の貴景勝と、小さな部屋だが有力な力士たちを抱え、貴ノ岩親方はニコニコのようだ。

   そこへ刺客をたてるというのである。白鵬の内弟子で、最速で十両に昇進した炎鵬は小柄ながらひねり技を武器としている。尾車親方が期待している23歳の新鋭・矢後や伊勢ヶ浜部屋の照強(てるつよし)などもいるし、モンゴル勢も手ごわいのがそろっている。

   貴乃花部屋も注目だが、やはり春場所に進退をかける白鵬、稀勢の里が踏みとどまれるのか、引退に追い込まれるのか。見どころの多い場所である。

今すぐ無料会員に登録して、コメントを書き込もう!

注目情報

PR
J-CAST会社ウォッチ会員向けセミナー
しごとの学校
  • スマホでわかるGDPR入門セミナー ~あなたの会社、準備は大丈夫ですか?~

  • 企業承継と相続対策セミナー 弁護士は見た!「社長が認知症に!? 悲惨な現実と対応策」

  • 「"無期転換ルール" あなたの会社は大丈夫?」 ~これからでもできる!企業のリスク回避術~

  • 追悼
    J-CASTニュースをフォローして
    最新情報をチェック
    電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中