2018年 12月 19日 (水)

大杉漣追悼あえて避けたあっぱれ!番組の中では元気で体調もよさそうだもの・・・
<バイプレイヤーズ~もしも名脇役がテレ東朝ドラで無人島生活したら~第4回>(テレビ東京系)

印刷

   どこからどこまでが脚本なのか、どこからどこまでがアドリブなのか、どこからどこまでが休憩時間のおふざけなのか、全く判然としないが、とにかく万事が可笑しくて笑ってしまうドラマモドキのバラエティ50分。島おじさんの5人は健在で、遠藤憲一、大杉漣、田口トモロヲ、松重豊、光石研の5人がグダグダ言っている所に、監督と称してユースケ・サンタマリアがやってくる。

   テレ東の「朝ドラ『しまっこさん』」(実はそんなものはないし、『しまっこさん』とはNHKの朝ドラ『ひよっこ』をからかっているのか?)撮影のために、話題作りでやってきたユースケがはちゃめちゃな演出をするので、ハウスがぶっ壊れそうな大震動を起こす。

   光石が畑の真ん中の道で、バナナ満載の篭を背負った本物の里見浩太朗に出会う。つまり、里見は大スターで、とても「バイプレイヤーズ」とは言えない人だが、「別荘に来ていて」とかなんとか言いながらまたハウスにやってきて、結局最後には「島犬様?」の役をゲットする。この人、時代劇スターのくせに歌は歌うし多芸多才。

   急逝した大杉漣が元気な姿で混じっていて、体調が悪そうな気配もない。太い四国訛りの声と、濃いデカ面で、余りに印象深い顔つきなので、どんなドラマに出ていても「大杉漣」しか演じられなかった。警視庁幹部の「相棒」は今後どうするのか。HPには追悼文が出ていたが、当作では毛ほども書かず、それはそれであっぱれだ。(放送2018年2月28日21時54分)

    黄蘭

採点:1

注目情報

PR
J-CAST会社ウォッチ会員向けセミナー
しごとの学校
  • ついに第1号か!? GDPR違反で巨額制裁金 課される企業はあの......

  • 追悼
    J-CASTニュースをフォローして
    最新情報をチェック
    電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中