2018年 9月 25日 (火)

3度目の正直で張本に雪辱... 水谷隼「這い上がりの第1歩」

印刷

   卓球の水谷隼が3日(2018年3月)ツイッターを更新し、同日に行われたジャパントップ12卓球大会で優勝したことを報告した。

「トップ12優勝しました」

   シングルス決勝戦の相手は、昨年の世界選手権、1月の全日本選手権ともに黒星を喫した14歳・張本智和。通算3度目となる今回の対戦で、水谷は初白星を挙げた。

   全日本選手権後のツイッターでは「俺はこんなとこでくたばりません」と悔しげに振り返っていた水谷だが、今回のツイートでは

「やっぱりまだくたばらないみたい 今日が這い上がりの第1歩だと信じてみよう...」

とコメントした。

   このツイートにはファンから多数の祝福のコメントが寄せられているほか、同じ卓球選手の神巧也が、

「おめでとうございます。やっぱり水谷さんに勝てるの俺しか居ない説」

と冗談交じりに返信し、水谷の優勝を祝っている。

今すぐ無料会員に登録して、コメントを書き込もう!

注目情報

PR
J-CAST会社ウォッチ会員向けセミナー
しごとの学校
  • 【9月28日開催】中小企業の役員・総務担当者はマスト! 企業承継と相続対策セミナー弁護士は見た!「社長が認知症に!? 悲惨な現実と対応策」

  • 追悼
    J-CASTニュースをフォローして
    最新情報をチェック
    電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中