2018年 9月 21日 (金)

海外も注目する伊調選手へのパワハラ騒動 「聞き取り調査」は速やかに情報開示を

印刷

   日本レスリング協会強化本部長・栄和人氏の(57)の伊調馨選手(33)に対するパワハラ疑惑。米紙「USA TODAY」、米スポーツ専門チャンネル「ESPN」など複数の海外メディアが報じるなど、騒動は海外にまで広がりを見せており、きょう6日(3018年3月)開かれる日本レスリング協会の聞き取り調査の内容には国内外から注目が集まっている。

   国内でいち早く声を上げたのは尾木ママこと教育評論家の尾木直樹さん。「国民栄誉賞まで受賞している英雄が、練習場所さえなかったなんて誰も夢には思わなかった。これは大問題ですよ」と怒りを隠さない。

まずは練習場所 パワハラ問題は別にゆっくり解決すべき

tv_20180306112235.jpg

   「パワハラに限らず、セクハラ、モラハラなどハラスメントと呼ばれるものは、優れた指導者、熱心な人のところで起きることが多い。力の弱い人の側にたって物事を考えないと解決はできないのです」と尾木さん。そして、「まずは何よりも重要なのは、伊調選手にすぐにでも練習場所を確保して応援態勢を作ること。パワハラはパワハラで、時間をかけて解決しなくてはいけない」と続けた。

   国分太一「これから本格的な調査に入るといいますが」

   倉田真由美「話せる環境かどうかですよね。会社だってパワハラがあったときに会社内で検証することはあると思うのですが、(パワハラの加害者が)もし社長だったとしたら、社長以下の幹部が正しい判断ができるのかってことですよね。まったく関係ない第三者を入れないと、伊調選手も話せない」

   国分「倫理委員会で話された内容は、僕たちも知る権利がありますよね」

   堀尾正明「公益財団法人なんです。公の利益になることをしなければならない。風通し良く、情報公開を速やかにする団体です。とりあえず、調査結果を早く知らせてほしい。我々が納得し、伊調さんも溜飲が下がるような結果であることを望みます」

文   ピノコ | 似顔絵 池田マコト
今すぐ無料会員に登録して、コメントを書き込もう!

注目情報

PR
J-CAST会社ウォッチ会員向けセミナー
しごとの学校
  • 【9月28日開催】中小企業の役員・総務担当者はマスト! 企業承継と相続対策セミナー弁護士は見た!「社長が認知症に!? 悲惨な現実と対応策」

  • 追悼
    J-CASTニュースをフォローして
    最新情報をチェック
    電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中