2018年 9月 25日 (火)

落下避雷針がバス直撃!乗客・運転手は間一髪で命拾い-中国・上海

印刷

   中国の上海で今月5日(2018年3月)朝、25階建てのビルから長さ10メートルの避雷針が落下し、走行中の路線バスを直撃する事故が起きた。バスの一部が粉々にくだけたが、乗客、運転手にケガはなかった。

tv_20180308143118.jpg

   宇賀なつみキャスター「よくケガ人が出なかったですよね」

   司会の羽鳥慎一「ほんとですよ。(人に当たるまで)もうわずかですから。不幸中の幸いです。大惨事になってもおかしくなかった」

   現地の報道によると、当時、暴風警報が出ていた。

今すぐ無料会員に登録して、コメントを書き込もう!

注目情報

PR
J-CAST会社ウォッチ会員向けセミナー
しごとの学校
  • 【9月28日開催】中小企業の役員・総務担当者はマスト! 企業承継と相続対策セミナー弁護士は見た!「社長が認知症に!? 悲惨な現実と対応策」

  • 追悼
    J-CASTニュースをフォローして
    最新情報をチェック
    電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中