2018年 11月 18日 (日)

藤井聡太やっぱり大物!師匠に勝っても「いつも通りの気持ちでした」

印刷

   将棋の藤井聡太六段(15)はきのう8日(2018年3月)、小学4年生以来の師匠・杉本昌隆七段(49)と初めて公式戦で対決した。杉本の先手で始まり、どちらも同じ差し手を繰り返す「千日手」となり、局面が進まなくなった。「互いに自分の攻め手を貫くと起きるが、1年に2000強ある公式戦でも5局ぐらいしかない」と加藤一二三・九段は解説する。

   先手を入れ替えて指し直しとなり、最後は藤井が111手で押し切った。

5月の竜王戦に勝てば今度は7段

tv_20180309113616.jpg

   司会の加藤浩次「恩返しを果たせましたね」

   藤井は「師匠と対戦できて、とてもうれしいです。いつも通りの気持ちでやりました。いい経験ができました」と語った。杉本は「公式戦で対局できて大変うれしい」と振り返った。

   加藤九段は「将棋の世界では、師匠が弟子に手に手をとって教えることはあまりありませんが、杉本師匠は例外中の例外で、ずいぶん教えていたそうです」という。

   菊池幸夫(弁護士)「全力で弟子と向かい合ってきたことがわかりますね」

   本上まなみ(俳優)「本当にすてきな師弟関係で、千日手とかの言葉も知れて、観ていて楽しいな」

   藤井は5月に竜王戦を制すれば七段に昇格できる。

文   あっちゃん | 似顔絵 池田マコト
今すぐ無料会員に登録して、コメントを書き込もう!

注目情報

PR
追悼
J-CASTニュースをフォローして
最新情報をチェック
電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中