2018年 8月 22日 (水)

米朝会談の裏にトランプ氏を喜ばせるニンジン? 実務協議ゼロでいきなり首脳会談の危うさ

印刷

   「周りの反対を押し切って、トランプ大統領の独断だったということです」と羽鳥慎一キャスターが説明した。

   2018年5月に史上初の米朝首脳会談を行う意向を示したトランプ米大統領。10日(2018年3月)の演説では、「ほかにこれができる者がいるか。北朝鮮はミサイル発射をやめた。和平を望んでいるのだろう。アメリカの強大さを見せつけてやった」と胸を張った。

ニンジンは拘束された3人の米国人の解放か

tv_20180312155738.jpg

   しかし、米メディアでは、大統領が側近らの意見を無視して、韓国からの特使の誘いに乗って、首脳会談を即断したなどと報じられている。当時、アフリカに出張中の外交担当のティラーソン国務長官に相談しなかったそうだ。また、マティス国防長官はリスク面を考慮し、懸念を表明した。しかし、トランプ大統領は取り合わずに即断したという。

   太田昌克・共同通信社編集委員はこう語る。 「国務長官が出張中だったため、相談していない。実務協議はこれまで一切ゼロで、いきなり首脳会談ですよ。みんなが度肝を抜かれたと思うんですね。トランプ流といえばトランプ流だが、ツボを押されて前のめりになったんだと思います。まだ明らかになっていないが、おそらく北朝鮮で拘束されているアメリカ人3人の解放でしょうね」

今すぐ無料会員に登録して、コメントを書き込もう!

注目情報

PR
J-CAST会社ウォッチ会員向けセミナー
しごとの学校
  • 【限定30名】スマホでわかるGDPR入門セミナー~あなたの会社、準備は大丈夫ですか?~

  • 企業承継と相続対策セミナー弁護士は見た!「社長が認知症に!? 悲惨な現実と対応策」

  • 「"無期転換ルール" あなたの会社は大丈夫?」 ~これからでもできる!企業のリスク回避術~

  • 追悼
    J-CASTニュースをフォローして
    最新情報をチェック
    電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中