2018年 9月 24日 (月)

ブルゾンにバービーも入れて「美女20人!」とはいかに タレントの好感度を上げるための番組?
<グサッとアカデミア>(日本テレビ系)

印刷

   林修&中山秀征による特番で、第5弾のこの日は「林修vs美女20人! ブルゾン村上佳菜子に鬼講義&大物初密着」ということで、女性タレントの悩みを解決したり、日常に密着したりするものだった。

村上佳菜子が解説者になるには「荒川静香」と戦わないと

   最初の悩めるタレントは村上佳菜子。プロフュギィアスケーターの村上、最近では「メレンゲの気持ち」にレギュラー出演するなどタレントとして活躍、平昌五輪ではフィギュアの解説者もつとめていた。本人いわく「うまく話せないことが悩み」で「ほかの解説者のようにうまく話せるようになりたい」と告白する。

   林修の答えは「荒川静香」と黒板に名前を書き、「解説者の席は少なく、このクールビューティ―と戦わなければ、解説者の席には座れない。だったら自分が楽に戦えるフィールドで戦うべき」とアドバイス。「バラエティではうまくやれている。実際、多くの人を蹴落として、その椅子に座っているのはあなたなんですよ」と。

   ほかに中山秀征が初めて自宅を公開(といってもキッチンだけ!)、東原亜希(4人の子の母になっていた!)や遠山景織子(未婚のシングルマザーで16歳の子がいた!)の母親っぷりに密着。バービーが郵便局を定年退職した父のために、北海道の実家近くに老朽化した家を購入した話など、タレントの好感度を上げるために作られたような番組だ。にしても、ブルゾンにバービーも入れて「美女20人!」とはいかに。釣り文句としても古いし、看板に偽りありだ。(放送2018年3月8日19時~)

(白蘭)

採点:0.5
今すぐ無料会員に登録して、コメントを書き込もう!

注目情報

PR
J-CAST会社ウォッチ会員向けセミナー
しごとの学校
  • 【9月28日開催】中小企業の役員・総務担当者はマスト! 企業承継と相続対策セミナー弁護士は見た!「社長が認知症に!? 悲惨な現実と対応策」

  • 追悼
    J-CASTニュースをフォローして
    最新情報をチェック
    電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中