2018年 12月 17日 (月)

安倍首相夫妻を守るための書き換えか? 麻生財務相は「文脈からして全然関係ない」と言うが...

印刷

   きのう12日(2081年3月)に明らかになった財務省の決裁文書の中に安倍首相夫人の昭恵さんの名前が削除されていたことがわかった。

   「安倍昭恵総理夫人を現地に案内し、夫人から『いい土地ですから、前に進めてください』とのお言葉をいただいた」

文書が削除されたから事実が大きく変わったわけでもない?

tv_20180313132552.jpg

   森友学園の籠池泰典前理事長のその発言がそっくりなくなっていた。また「総理夫人が学園を訪問した際に、学園の教育方針に感涙した」という趣旨のインターネット記事からの引用された部分も削られていた。

   安倍首相は国会で土地取引問題が「私や妻が関係していたということになれば、総理大臣を辞める」と答弁している。きのうの麻生財務相への取材でも「首相の立場を守るために削除したのではないか」という質問もあったが、麻生財務相は「文脈からして全然関係ないと思います」と否定した。

   司会の加藤浩次「それにしても、相当の改ざんでしたね」

   日本テレビ政治部官邸キャップの青山和弘氏は「ただ、文書が削除されたから、事実が大きく変わったかというとそうでもない。なぜカットしたのか、政治家や昭恵夫人の名前そのものを隠したかったためとも読める。土地取引の交渉にどう影響したかどうかは、まだわからない状態ですね」と述べた。

   加藤「改ざんされたことと、もともとの取引問題は別に考えた方がいいというわけですね」

文   一ツ石 | 似顔絵 池田マコト
今すぐ無料会員に登録して、コメントを書き込もう!

注目情報

PR
J-CAST会社ウォッチ会員向けセミナー
しごとの学校
  • ついに第1号か!? GDPR違反で巨額制裁金 課される企業はあの......

  • 追悼
    J-CASTニュースをフォローして
    最新情報をチェック
    電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中