2018年 7月 23日 (月)

森友学園で財務省がまだついてるウソ!「いまだ調査中」と全貌明らかにせず

印刷

   財務省は大阪地検特捜部にも政治家や安倍昭恵首相夫人の名を消した改ざん文書を提出し、地検から指摘されて改ざん前の資料を改めて差し出していた。会計検査院に提出したのも改ざん文書で、ここでも国土交通省に出した資料と指摘されていた。

   司会の羽鳥慎一「捜査機関にも改ざん後の文書を出したというのは、かなり大きいですよ」

改ざんバレバレの文書提出で自爆

tv_20180314120942.jpg

   もう改ざんバレバレなのに、そんなものをなぜ国会で公開したのか。元大蔵官僚の小黒和正・法政大教授は「リスクを知りながら整合性のない資料を、しかたなく出さざるを得ないという状況に追い込まれたということではないでしょうか」という。

   当時の佐川理財局長が資料は捨ててしまったと言い、安倍首相が「私や妻が関与していたのなら、総理大臣、議員を辞める」とタンカを切ってしまったため、改ざん文書で辻褄を合わさざるを得なくなったということなのだろう

   玉川徹(テレビ朝日解説委員)「財務省は今でも調査中といっていますよね。本当はわかっているとしか見えないですよ。いまだにウソをついていると思っちゃう」

   浜田敬子(ビジネスサイト編集長)「なぜ財務省がこんなことをしなければならなかったのか、そこですよ」

文   あっちゃん | 似顔絵 池田マコト
今すぐ無料会員に登録して、コメントを書き込もう!

注目情報

PR
J-CAST会社ウォッチ会員向けセミナー
しごとの学校
  • スマホでわかるGDPR入門セミナー ~あなたの会社、準備は大丈夫ですか?~

  • 企業承継と相続対策セミナー 弁護士は見た!「社長が認知症に!? 悲惨な現実と対応策」

  • 「"無期転換ルール" あなたの会社は大丈夫?」 ~これからでもできる!企業のリスク回避術~

  • 追悼
    J-CASTニュースをフォローして
    最新情報をチェック
    電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中