2018年 9月 24日 (月)

あじの干物でポテサラ!?意外や意外・・・生臭さなく新じゃがと相性ピッタリ

印刷

   「ポテトサラダをよく作るのですがいつも同じでマンネリになっています。アレンジレシピを教えてください」という悩みが視聴者から寄せられ、料理研究家の坂田阿希子さんが解決した。

   坂田さんはポテトサラダが大好きで、20種類以上のレシピがあるが、きょう14日(2018年3月)は「あじの干物のポテサラ」を紹介した。ゲストのくわばたりえ(タレント)は「あじの干物で!?」と驚く。

   坂田さん「ポルトガルに干しダラを使った似たような料理があります。それにヒントを得たレシピです」

くわばたりえ「魚の旨み」

   じゃがいも(2個)は皮付きのまま蒸し器に入れて中火で20~30分蒸す。ゆでる場合はじゃがいもにかぶるくらいの水に入れて中火で20~30分間、電子レンジなら皮をむいて4等分にカットし、数分かけて様子を見る。竹串がすっと通るまで柔らかくなったら皮をむき、木べらでざっくりつぶす。軽く塩こしょうして下味を付ける。

   あじの干物(小2枚)は両面焼き、頭や皮、骨を除きほぐす。きゅうり(1本)は小口切りにして塩もみし、10分ほど置いて水気をしぼる。

   小口切りにしたラディッシュ(3~4個分)とあじ、きゅうりを合わせ、レモン汁、しょう油、酢(各小さじ2)を加え混ぜる。ここにじゃがいもを加え、マヨネーズ、オリーブオイル(各大さじ2)、塩(小さじ3分の1)、白こしょう(少々)で味付けして完成だ。

   くわばた「あじを感じなくて、魚の旨みだけがある。おいしい!」

   柳澤秀夫キャスター「アンチョビみたいに旨みが出てきてますね」

文   ピコ花子
今すぐ無料会員に登録して、コメントを書き込もう!

注目情報

PR
J-CAST会社ウォッチ会員向けセミナー
しごとの学校
  • 【9月28日開催】中小企業の役員・総務担当者はマスト! 企業承継と相続対策セミナー弁護士は見た!「社長が認知症に!? 悲惨な現実と対応策」

  • 追悼
    J-CASTニュースをフォローして
    最新情報をチェック
    電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中