2018年 7月 23日 (月)

「桜田淳子の芸能活動復帰」弁護士ら異議!いまでも霊感商法の広告塔

印刷

   かつてのアイドルで、ことし還暦を迎える桜田淳子が、35年ぶりに新曲を出すなど芸能活動を本格化しつつある。ところが、全国霊感商法対策弁護士連合会の弁護士らは13日(2018年3月)に緊急会見を開き、この芸能活動復帰に異議を唱えた。

   紀藤正樹弁護士はその理由を「いまだに家庭が崩壊したり、親子が断絶したりという被害があるのに、それに目をつむって芸能活動していくのは許せない」と話し、「芸能活動復帰すべきでない」と異例の声明を出した。

信者向けメール「私は文鮮明先生を再臨のメシア」

tv_20180314150431.jpg

   桜田は1992年、34歳にときに韓国の新興宗教「統一教会」(現・世界平和統一家庭連合)へ入信したことを公表し、当日はじめて会った男性と合同結婚式を挙げた。統一教会は高額の印鑑や壷を信者に買わせる霊感商法が浮上し、桜田は教団の広告塔に使われていると当時から指摘されていた。

   弁護団はいまも「統一教会による献金強要、詐欺脅迫的勧誘による被害発生は続き、桜田氏は無批判に関わり続けている。むしろ古参信者として、その活動に積極的に加担していると思われます」と指摘する。活動の実態を示すものとして、信者に配信されたメールがある。桜田が昨年行った講演の内容で、そこには「私は文鮮明先生を再臨のメシアであり、真のご父母様であることを信じて疑わない者です」とあった。

   元信者は「このメールで献金を促しているのです」と言い、弁護団は「今も年間10億円の被害が出ている」と話している。「説明を求める「ビビット」に、教団は「弁護団の声明は憲法で保障されている人権を侵害する内容だ」とする反論を文書で回答してきた。

教団の収入激減で「桜田頼み」

   紀藤弁護士は「収入が非常に厳しく、教団を維持できないくらいの状態に落ち込んでいるのです。桜田さんを表に出すことで活発化させたいという思惑があると思う」と話している。

堀尾正明キャスター「学生時代に桜田さんの大ファンでした。教団と関係しているとなるとシラケてしま人もたくさんいると思います」

文   モンブラン | 似顔絵 池田マコト
今すぐ無料会員に登録して、コメントを書き込もう!

注目情報

PR
J-CAST会社ウォッチ会員向けセミナー
しごとの学校
  • スマホでわかるGDPR入門セミナー ~あなたの会社、準備は大丈夫ですか?~

  • 企業承継と相続対策セミナー 弁護士は見た!「社長が認知症に!? 悲惨な現実と対応策」

  • 「"無期転換ルール" あなたの会社は大丈夫?」 ~これからでもできる!企業のリスク回避術~

  • 追悼
    J-CASTニュースをフォローして
    最新情報をチェック
    電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中