2018年 5月 28日 (月)

改竄騒動でコメントマン大儲け!引っ張りだこの山口真由、笑っちゃう安倍批判便乗の田﨑スシロー
<財務省公文書改竄疑惑報道>(各局)

印刷

   昨年の2月ごろから、国会中継を見る度に、腹の中のゴロゴロした不快感が拭えず、これは何故だと思い続けてきた中核が判明した。野党の質問も官僚や政治家の回答も、ことごとく改竄文書を元にして質疑応答が行われていたというウソッパチに反応していたのだ。

   今回の改竄騒動はテレビ的にも変化をもたらした。朝から晩まで情報番組はこのネタで引っ張り、新顔のコメントマンが大儲け。中でも元財務官僚で今弁護士の山口真由という女性は、局を渡り歩いて引っ張りだこだ。テレ朝かどこかの番組で、彼女の説明キャプションに「東大を首席卒業」と書いてあったが、こんな内容は不必要だ。現在何をやっているかが問題であって、東大の首席なんかガリガリ点数稼ぎをしただけということ。必ずしも天性優秀ということではない。しかし、彼女は短くまとめることが巧みで向いている。

   他に笑っちゃうのは、安倍晋三に近い元時事通信の田崎史郎が、こちらから見れば丸っきり安倍シンパのくせに、世論が安倍批判と見ると、ちゃっかりメイン解説者面をして批判に便乗していること。寿司屋で接待されて、「田崎スシロー」と揶揄されていても涼しい顔とは呆れる。

   他に13日の報道ステーションに登場した元官僚で今慶応大学のセンセイ、「キャリア官僚が背広を着て座っている」ほどの整った官僚顔で、話の内容より姿に、悪いけど大爆笑だった。それにしても強がりを言っている麻生財務相の悪相が酷くなっている。(放送2018年3月12日~)(黄蘭)

採点:0
今すぐ無料会員に登録して、コメントを書き込もう!

注目情報

PR
追悼
J-CASTニュースをフォローして
最新情報をチェック
電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中