2018年 7月 17日 (火)

ノーベル賞・根岸英一さん 交通事故!同乗の妻は死亡―米国イリノイ州

印刷

   2010年にノーベル化学賞を受賞した根岸英一さん(82)がアメリカで交通事故を起こし、妻のすみれさん(80)が死亡した。根岸さんは病院に搬送されたが、詳しい容体は不明だ。

   根岸さんはアメリカ・インディアナ州のパデュー大学で教鞭をとっており、同州在住。現地の報道によると、事故があったのは自宅から約260キロ離れたイリノイ州で、根岸夫妻は旅行のためシカゴのロックフォード国際空港へ向かっていた。空港まであと10キロ付近のところで、広大なゴミ処理施設に迷い込んだとみられ、12日に捜索願が出された。13日早朝(現地時間)に助けを求めて歩いていた根岸さんを警察が保護し、車の近くですみれさんが死亡しているのを発見した。車の車輪は溝にはまった状態だったという。警察は根岸さんが運転していたとみている。

「とくダネ!」にも出演して自慢ののどを披露

tv_20180315115228.jpg

   根岸さんの家族は声明を発表し、すみれさんが末期のパーキンソン病を患っていたことを明かし、「私たちは愛する母の死にひどく悲しんでいます。母は、父と旅をしていました。父は今ショックと混乱状態に苦しんでいます」としている。

   根岸夫妻は小学校時代からの幼なじみ。根岸さんがアメリカへ渡る1か月前に結婚した。ノーベル賞受賞の際には「50年も結婚していますから、何も言わなくてもあうんの呼吸で」と夫婦そろって喜びを語っていた。2010年11月には「とくダネ!」に夫婦で出演し、根岸さんが自慢ののどを披露していた。

   ノーベル賞を受賞した時のインタビューでは、根岸さんがすみれさんの肩に必ず手をかけるのが印象的だった。笠井信輔ニュースデスクは「すぐに触ってしまうんです、とおっしゃっていました。本当に仲の良いご夫婦でした」と振り返った。

   司会の小倉智昭「旅の途中で痛ましい出来事が起こって、奥様の訃報に接した時の先生の気持ちがどんなだったか、本当にお気の毒です」

文   キャンディ | 似顔絵 池田マコト
今すぐ無料会員に登録して、コメントを書き込もう!

注目情報

PR
追悼
J-CASTニュースをフォローして
最新情報をチェック
電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中