2018年 7月 16日 (月)

至学館大学長 怒りの反論「うちの栄和人にパワーない。だからパワハラもない」

印刷

   レスリングの伊調馨選手をめぐる「パワハラ騒動」で、栄和人氏がレスリング部の監督を務める至学館大の谷岡郁子学長はきのう15日(2018年3月)、パワハラ非難が集まる現状に、「私の怒りは沸点に達しました」「もう我慢できない。本当に怒ってます」と会見した。

   60分の会見はほぼ独演だった。内閣府に告発状が出されて以降、谷岡学長への風当たりが強くなったことへの怒りが大半だ。「レスリング選手たちに、お前が謝れ」「偽善者め」「至学館だとつけあがるな」などの罵詈が寄せられているという。これらにレスリング部員たちが傷ついているともいう。

   弁護士が内閣府に提出した告発文は、「まったく根拠のない話」「恣意的なわけのわからない文書だ」として、リオデジャネイロ五輪で「監督お気に入りの選手だけがファーストクラス」という指摘についても、「私費を上乗せした。伊調は声をかけたが断ってきた」と説明、練習場締め出しには「練習場がないのなら、至学館ではいつでも歓迎」と言い切った。

「伊調馨って、選手なんですかあ?」

tv_20180316125406.jpg

   さらに、「協会の大スポンサーであるALSOKに所属する人(伊調)の練習場所を抑えて回るほどのパワーが、栄監督にあるでしょうか」「監督は小心者、臆病、メンタル弱い、チキンハートだからと、みんな監督がボロボロになるのではないかと心配してます」

   とくに伊調選手にはきつかった。「伊調馨は選手なんですかあ?」という。リオ五輪後、「休養したい」といったまま、東京五輪への姿勢も明らかにしない状態を皮肉ったのだ。「選手でない人の、5連覇を阻止するも何もない」。さらに内閣府のヒアリングも「密室だ」と不信をあらわにした。

   しかし、「とくダネ!」の岸本哲也リポーターの「パワハラはあったのか」という質問には、「パワハラという言葉がなかった時代にはあったかもしれない。わかりません」と、意味不明の釈明だった。岸本が「あったかも?」とさらに聞くと、「いや、わかりません、が回答です」

女子レスリング育てた功労者

   谷岡学長は1986年、32歳で父親から至学館の前身である中京女子大の学長を引き継ぎ、女子レスリングを育て上げた。2007年には民主党から参院選に出馬して当選。東京五輪でレスリングを五輪種目に残すためにも奔走した。レスリング協会副会長にもついている。13年の参院選で落選した。

   司会の小倉智昭「週刊誌を見ても、全然書いてあることが違う。監督に練習場締め出す力はあるのかなあ」

   拓殖大レスリング部の監督で、学生日本代表監督の須藤元気氏は「オフィシャルにはできないが、グレーゾーン。早く終わらせないと、伊調選手だって東京に間に合わなくなってしまいます」

文   ヤンヤン | 似顔絵 池田マコト
今すぐ無料会員に登録して、コメントを書き込もう!

注目情報

PR
追悼
J-CASTニュースをフォローして
最新情報をチェック
電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中