2019年 6月 25日 (火)

長嶋一茂「4連覇へのリスペクトなさすぎ」至学館大学長の伊調攻撃に反論

印刷
ロート製薬が開発した糀でできたクリーム。500円モニター募集!

   女子レスリング伊調馨に対する日本レスリング協会・栄和人強化本部長によるパワハラ告発問題をめぐり、きのう15日(2018年3月)に栄氏が所属する至学館大学の学長で、協会副会長の谷岡郁子氏が会見を開いた。「至学館大学の学長として会見する」と前置きして、学生や選手に対して「至学館だからと思ってつけあがるな」というメールやコメントが次々と寄せられる風評被害に遭い、「私の怒りは沸点に達した」「本当に怒っている」と語り出した。

「そもそも伊調さんは選手なんですか!私どもは何も聞いてない」

tv_20180316131128.jpg

   告発状の内容については「恣意的で訳のわからない文書」と全面否定し、「そもそも伊調さんは選手なんですか。そもそも東京五輪を目指しているんですか。しばらく休みたいと言ったまま、考えが変わったことを私どもは聞いていません。選手ではない人の5連覇を阻止することができるのでしょうか」と激しく攻撃した。

   練習場への出入り禁止についても、「道場は栄個人のものではなく、チームのもの。私が使わせるといえば、伊調さんはいつでも使えます。栄にはその程度のパワーしかない。パワーのない人間によるパワハラというのはよくわからないですよ」とボルテージは上がりっぱなしだ。

   告発状を提出した貞友義典弁護士は、「調査もせずに否定するような会見は、とうてい許されません」「協会の副会長と学長の立場を使い分けることは無理」「協会の第三者委員会の聞き取り調査に影響が出てもおかしくない」と批判した。

文   バルバス | 似顔絵 池田マコト
今すぐ無料会員に登録して、コメントを書き込もう!

注目情報

PR
J-CAST会社ウォッチ会員向けセミナー
しごとの学校
  • 「無期転換ルール」、新たな「働き方」は軌道に乗っていますか?

  • 追悼
    J-CASTニュースをフォローして
    最新情報をチェック
    電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中