2018年 5月 24日 (木)

貴乃花部屋の新十両・貴公俊が付け人を殴る 親方も貴公俊も付け人もみんなで泣いた

印刷

   貴乃花部屋の新十両・貴公俊(20)が春場所8日目のきのう18日(2018年3月)、取組後の支度部屋で付け人の顔を殴り、大相撲でまた暴力事件が起きた。それも、よりによって横綱日馬富士の暴行事件以来、相撲協会と対立する貴乃花の弟子がしでかした。

協会に対する告発状問題がやりにくくなる?

tv_20180319112645.jpg

   貴公俊はきのうの取組前に土俵下の控えに入るのが遅れ、審判から注意された。付け人が時間を伝えるのが遅れたのだという。取組で敗れたこともあったのか、怒った貴公俊が付け人にあたったらしい。

   その後、きのうのうちに貴公俊と付け人、貴乃花親方、しこ名の由来ともなった支援者の辻本公俊氏の4人で話し合い、辻本氏によると、付け人は口の中を切っていたが病院に行くほどではないという。貴公俊は泣いて「親方に迷惑をかけて、相撲をやめます」と謝り、付け人も「僕が悪かった」と泣いたそうだ。「貴乃花は貴公俊に謹慎と休場を命じ、手を握って涙ぐんでいた」と辻本氏は話した。

   杉山愛(元テニスプレーヤー)「怒りはあったと思うが、暴力はダメ。こんなことが(相撲界では)日常起こっているのではないかと想像してしまいます」

   司会の加藤浩次「衝動的暴力というしかない。この時期にこれというのはなあ」

   けさ(19日)午前7時過ぎに取材に応じた貴乃花は事実関係を相撲協会に報告する考えを明らかにした。

   高橋真麻(フリーアナウンサー)「協会に対する告発状問題などがやりにくくなるのでは。お弟子さんたちも自覚を持つべきだ」

   ただ、日馬富士の暴行事件とは内容もけがの程度も違う。貴乃花部屋でこんなことが起きたからといって、協会の体質に対する問題提起がなくなるわけではない。

今すぐ無料会員に登録して、コメントを書き込もう!

注目情報

PR
追悼
J-CASTニュースをフォローして
最新情報をチェック
電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中