2018年 7月 23日 (月)

参院で「昭恵夫人」をめぐる攻防、内閣支持率下落に影響 産経まで「安倍3選に黄信号」

印刷

   きのう19日(2018年3月)の参院予算委で、森友学園決裁文書の改ざんをめぐる集中審議が行われた。与野党攻防の焦点の一つは、安倍首相の「昭恵夫人」の名前が削除されていたこと。なぜ?と問われて、「首相夫人だから」という答弁も飛び出し、「忖度」が浮かび上がる瞬間もあった。

   安倍首相は「責任を痛感しております」「行政全体に対する最終責任は総理大臣たる私にあります」「国民の皆様におわびしたい」とひたすら低姿勢だった。しかし、個人としての関与については、「私や私の妻が、国有地の払い下げや学校の認可に関与した事実はないことは明らか」と突っぱねた。

焦る自民議員、「アベノミクスつぶしか!」の珍問も

tv_20180320132717.jpg

   早期に幕を引きたい自民党は、和田政宗氏が、太田充理財局長が民主党の野田首相の秘書官だったことを取り上げ、「増税派なので、アベノミクスを潰そう、安倍政権を貶めているのではないか」という珍問をぶつけ、太田理財局長が、色をなして「それはいくら何でも」と反論する一幕もあった。

   野党が攻めたのは「昭恵夫人」の記述。共産党の小池晃氏が、「何で国会議員でもない、安倍昭恵さんの動向が決裁文書に記載されているのか」と問うと、太田理財局長は、「それは基本的に、総理夫人だということだと思います」といった。

   野党席からは拍手が起こり、小池氏は「重大な発言ですよ」「総理夫人なんですよ。国会議員以上に配慮しなきゃいけない存在なんだ」と言ったが、決め台詞を欠いた。「これこそ忖度じゃないか」と怒鳴るべきだった。今回の事件の本質はそこだ。

   昭恵夫人をめぐる記述の多くは、森友学園の籠池泰典・元理事長から発している。その籠池氏は目下、勾留中の身。安倍首相も「籠池氏が妻の名前を出した」「籠池氏が『妻がこう言った』と言った」「だから決裁文書に載せたんだろう」と何度も籠池氏の名前を繰り返した。

   野党は昭恵夫人の国会招致を求めたが、与党側は拒否する構えだ。

   小倉智昭「理財局にばかり押し付けている自民党の態度は、見た目良くないんじゃないですか」

「総理にふさわしい人」調査でも安倍氏は3位に下落

   共同通信の柿崎明二氏は、「内閣支持率が落ちている。作戦は失敗していると思う」という。また、決裁文書への記載についても、「(籠池氏からの)伝聞を書くというのがわからない。首相夫人なので、何でも書いておけば後で突っ込まれにくいという判断か」と。

   小倉「今になって、そういうことを昭恵夫人に聞いても、覚えてない?」

   柿崎氏「でしょうね。総理夫人たるもの、政府財産をやり取りするところへ行っちゃダメですよね」

   それかあらぬか、世論調査での安倍内閣の支持率は軒並み下落して、不支持が支持を上回っている。さらに、「総理にふさわしい人」でも、安倍晋三の名前はトップではなくなった。9月の総裁選をにらんでも、自民党からは微妙な声が出始めている。

   古市憲寿が「支持率が上がるのは、有事になった時だけ」といった。

   柿崎氏「産経が、『安倍3選に黄信号』と書いたのが、自民には相当な衝撃。危機感を煽ったのか」

   この問題、まだまだ続く。

文   ヤンヤン | 似顔絵 池田マコト
今すぐ無料会員に登録して、コメントを書き込もう!

注目情報

PR
J-CAST会社ウォッチ会員向けセミナー
しごとの学校
  • スマホでわかるGDPR入門セミナー ~あなたの会社、準備は大丈夫ですか?~

  • 企業承継と相続対策セミナー 弁護士は見た!「社長が認知症に!? 悲惨な現実と対応策」

  • 「"無期転換ルール" あなたの会社は大丈夫?」 ~これからでもできる!企業のリスク回避術~

  • 追悼
    J-CASTニュースをフォローして
    最新情報をチェック
    電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中