2018年 5月 27日 (日)

冬ドラマ総決算―マツジュン「99・9」、キムタク「BG」視聴率ワンツー!「海月姫」月9最低更新

印刷

   冬ドラマは平昌オリンピックと重なり苦戦を強いられたが、終わってみれば、強かったのはやっぱりジャニーズ系だった。平均視聴率17・63%でトップだったのは嵐の松本潤主演の「99・9-刑事専門弁護士-」(TBS系日曜よる9時)、2位は木村拓哉主演の「BG~身辺警護人~」(テレビ朝日系木曜よる9時)の15・24%だった。10%を超えたのはこの2ドラマと「アンナチュラル」(TBS系金曜よる10時)の11・14%だけだった。

   いよいよ危機的なのはフジテレビの名物ドラマ枠「月9」で、「海月姫」(月曜よる9時)は芳根京子のオタク女子や瀬戸康史の女装が話題になったが、視聴率は6・14%と月9最低を更新した。(テレビウォッチ編集部)

今すぐ無料会員に登録して、コメントを書き込もう!

注目情報

PR
追悼
J-CASTニュースをフォローして
最新情報をチェック
電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中