2018年 9月 24日 (月)

羽生善治七冠の「勝負夕食」 直後に大逆転して名人戦進出

印刷

   将棋の名人への挑戦権をかけた羽生善治竜王と稲葉陽八段のプレーオフ最終戦(5回戦)がきのう21日(2018年3月)に行われ、羽生が勝ち、名人戦への進出をきめた。中盤までは稲葉八段が有利な展開だったが、夕食後に羽生竜王が逆転した。 「夕食のあたりの羽生マジック、ひさびさに見たような気がしました」と田中寅彦九段は解説した。

6人で競う異例のプレーオフ

   プレーオフは名人への挑戦を決める順位戦で、6人が6勝4敗で並んだため、史上初の6人でのプレーオフとなっていた。

   野上慎平アナ「もう異例中の異例ですよ」

   司会の羽鳥慎一「羽生さんが順位戦で4敗して、もうダメだと思ってたら、行けちゃった」

   現在、通算獲得タイトル99期で「永世七冠」の羽生は、2年ぶりの名人奪還と100期獲得に挑む。

今すぐ無料会員に登録して、コメントを書き込もう!

注目情報

PR
J-CAST会社ウォッチ会員向けセミナー
しごとの学校
  • 【9月28日開催】中小企業の役員・総務担当者はマスト! 企業承継と相続対策セミナー弁護士は見た!「社長が認知症に!? 悲惨な現実と対応策」

  • 追悼
    J-CASTニュースをフォローして
    最新情報をチェック
    電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中