2019年 7月 23日 (火)

NHKがデーモン閣下に謝罪 「デーモンキャラの使用でご迷惑かけた」

印刷
スマモニの覆面調査のお仕事で高額謝礼を獲得!

   ミュージシャンのデーモン閣下がNHKに肖像権を侵害されたと抗議している問題で、NHKは27日(2018年3月)、NHKEテレの「ねこねこ日本史」公式サイトで、デーモン閣下に謝罪した。

「デーモン風高杉晋作」が大音量ロックで条約締結交渉

   この問題は、2018年2月28日にEテレで放送された「ねこねこ日本史」第64話の中で、高杉晋作のキャラクターを「デーモン風高杉」という名前で登場させた。デーモン閣下に似た顔の模様及び扮装を施し、西洋諸国との条約締結交渉に臨み、大音量でロックを奏でて交渉をまとめるというもの。

   デーモン閣下が、自身のブログで「デーモン『風』ではなく『吾輩』そのものであり、高杉の要素は微塵も感じられない。『吾輩の無断使用』である」と抗議していた。

   NHKは「本来であれば、キャラクターの演出方法について丁寧に相談しながら進めるべきところ、これを欠いたことにより、デーモン閣下、関係者の皆様に大変ご迷惑をおかけしました」と謝罪した。(テレビウォッチ編集部)

今すぐ無料会員に登録して、コメントを書き込もう!

注目情報

PR
J-CAST会社ウォッチ会員向けセミナー
しごとの学校
  • 「無期転換ルール」、新たな「働き方」は軌道に乗っていますか?

  • 追悼
    J-CASTニュースをフォローして
    最新情報をチェック
    電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中