2018年 7月 17日 (火)

嵐メンバーの性格判明! 大野「見守るお母さん」、櫻井「引っ張るリーダー」、相葉「ムードメーカー」、二宮「頭脳」、松本「アクセル」

印刷

   「VS嵐」(2018年3月22日夜7時~・フジテレビ系) 特別企画「この性格は誰だ!?」を放送。嵐メンバーと対戦相手に事前に質問20個に答えてもらう。37万人のデータベースを基にした統計学で、人間の性格を31タイプに分類。性格診断「ディグラム診断」をもとに、誰の性格かを当てるクイズ。出演者は「チーム新婚さん」(菊地亜美、 トレンディエンジェル・斎藤司、横澤夏子、平野ノラ、 りゅうちぇる、前園真聖)。嵐チームの助っ人となるプラスワンゲストはアンタッチャブル・柴田英嗣、バイきんぐ・小峠英二。

   第1問「ストレスためすぎのイエスマン 気遣いカメレオン人間」は誰? 嵐チームの予想は相葉雅紀。気遣いというワードに鋭く反応した二宮和也が「ウチだったらこの人だと思うな」といえば、櫻井翔も「俺もそう思う」と追随。相葉は「別にストレスためすぎてないけどね」とあっさり否定。正解は斎藤。すかさず、二宮が「相葉くんはストレスがたまってない感じがやっぱする」と納得する。

「計算高い欧米人 頭キレキレ冷血人間」は...

   第2問「計算高い欧米人 頭キレキレ冷血人間」は誰? 櫻井は「松潤か、ニノか???」と悩む。嵐チームの予想は柴田に。正解は櫻井の読み通り、二宮。「やっぱり」と櫻井。二宮は「あれ、欧米人なとこ出ちゃいました?」とニヤニヤ。「目標を定めたら1番効率的な方法を考え出し、最短ルートで達成する要領がいい人。数字に強いタイプなので、向いている職業は投資家。欧米人のように合理的な考え方ができる」そう。数字に強い、効率的、最短ルートとどれもゲーマー二宮の特性に一致。ゲームオタクには、なるべくしてなったというわけか。

   第3問「ノリが命のムードメーカー 肉食系の楽天人間」は誰? 嵐チームの予想は菊地。菊地は「私も、自分か大野さんかなって。(他人に)見せてない部分がありそう。家では、すごい私っぽい感じ。イエーイ!みたいな」と大野推しすると、「いや、俺そんなバカじゃねえよ!」と大野が猛反論。結果は菊地と小峠だった。

   第4問「頼れる縁の下の力持ち ご奉仕大好き菩薩人間」は誰? 嵐チームの予想は相葉で、「チーム新婚さん」の予想は櫻井。指名された櫻井、「まあ、いいや、もう嬉しいから」とまんざらでもなさそう。「これ嬉しい!これは嬉しいけど、選ばれなかったら恥ずかしいね」と相葉。正解は大野とりゅうちぇる。大野は「俺?」と信じられない顔つき。ご奉仕感皆無でメンバーを支える定位置をキープするのが自然にしみついているようだ。「周りを引っ張るというよりも全体の様子を見て足りないところをサポートする縁の下の力持ちタイプ。人当たりはいいが、自らコミュニケーションを取らないので、周りからはとっつきにくいと思われてしまうこともある」のだそう。

   大野「当たってんのかなあ?」と怪訝な顔。二宮は「だって大野さん、このワードが出たときに、『ご奉仕って何?』って。だからもしかしたらもう菩薩なのかもしれない」と解説。「ステージがもう上なんだね」と言う櫻井に、二宮も「もうすでに菩薩の 可能性があるよ」と力説する。

   「2人はタイプが同じだけでなく性格もほとんど同じ。仲良くなればとても気が合う友達になれる」に、りゅうちぇるは「ないない!だって僕、釣りとかもいやで日焼けとかいやだし~」と釣りマニアの大野を断固拒否。すると、大野も首を横に振って「俺もそんな派手な服とか着られない」とバッサリ。友人の少ない大野、お友達作りはどうもうまくいかない。

「無邪気なハッピー野郎 自由すぎる永遠のお子様」は...

   第5問「無邪気なハッピー野郎 自由すぎる永遠のお子様」は誰? 嵐チームは柴田を、相手チームは松本を予想する。正解は松本。「天真爛漫で自由奔放。一方で実は寂しがり屋な一面もある。まさに無邪気な子供のような人。感情を隠せないタイプなので、自分の思い通りにいかないと不機嫌になってしまうこともある」との指摘に、櫻井が「今だ!今が不機嫌だ」とグループ最年少の松本をいじると、相葉も「お子ちゃまだよ、お子ちゃまだよ」、二宮も「あーあー、不機嫌なっちゃうよ」といじり倒す。当の松本は「納得いかない!」とふくれっ面。

   ちなみに、櫻井は「親分肌のオラオラ系 ストレスフリーの自信家人間」の診断。「人が集まればいつのまにかリーダーになっている。自分に自信があり意見をはっきり言う。経営者に多く見られるタイプ。人を動かすのが得意なので組織で働くよりも起業家に向いている」に「俺なんかよりよっぽどいい」と松本、不機嫌が止まらない。「全部このイライラをゲームにぶつけてやる!」とカリカリしている。

   相葉は「自分への厳しさゼロ 空気が読める詰め甘人間」との診断。「明るく人あたりも良い。皆から愛されるムードメーカー。ただ自分への厳しさが足りないためうっかりミスも多い。縁の下の力持ちタイプの大野さんにしっかり確認してもらうといいでしょう」と聞き、相葉、「いつもいつもすいません、ホントに」と大野にペコペコ頭を下げる。櫻井は「自分への厳しさゼロ?」と首をかしげながらも、「まぁうっかりミスはあるけど、自分への厳しさ(ゼロ)はそんなことないと思うけどね」と分析。

   嵐は、「ネガティブな要素を持つ人がいない、非常にバランスが優れたグループ」で、それぞれの関係性は大野「みんなを見守るお母さん」、櫻井「みんなを引っ張るリーダー」、相葉「ムードメーカー」、二宮「頭脳」だそうだ。松本は「アクセル」と言われると、「俺、きょうなんかやったか?」とまたもすねる。「アクセルは迷った時に決断ができる、アクセルを踏む人」の説明に、櫻井「そうだよね。踏むことができる人だよね。アクセル側じゃない。踏むことができる人だから。ペダルの方じゃないから」と補足。

   「(嵐は)役割がかぶっている人はいないってことなんだ。みんなバラバラなんだ」と5人5様であることを確認した櫻井。「あ、ごめんなさい。リーダー感出ちゃって」とギャグにして見せたのだった。

   知央

今すぐ無料会員に登録して、コメントを書き込もう!

注目情報

PR
追悼
J-CASTニュースをフォローして
最新情報をチェック
電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中