2022年 1月 24日 (月)

最高級の素材と伝統の技 グッドデザイン賞受賞の桐箱の魅力

新規入会で5,000円相当の楽天ポイントプレゼント!
(C)NHK
(C)NHK

   一見するとシンプルな桐箱。その外見からは分からないが、実はお茶を保存する茶筒だ。

   グッドデザイン賞を受賞したこの製品は、福島県の奥会津・三島町で作られたイッピン。きちっと密閉されて、中に保存するお茶が湿気ないのはもちろん、形のモダンさと、開閉時のふわっと吸い込まれるような不思議な感覚が人気になっている。

   厳しい寒さに耐えて成長する「会津桐」は木の繊維組織が密で、硬度と木目の美しさを兼ね備えた"最高級の桐材"として知られてきた。伝統的にタンスや下駄、琴などの楽器が作られてきたが、現代の生活に合わせた新しい製品を様々に生み出している。その現場を、女優の小野ゆり子さんがリサーチ。

   密閉性の高い茶筒は、桐タンス職人の伝統的な削りの技術によって作り出される。桐下駄の工房では若手職人に出会い、皮を張ったモダンなデザインの下駄の作り方を! 桐の長所である、断熱効果とへこみ傷の復元力を生かした、桐のフローリングの秘密とは?

   厳しい自然が育んだ奥会津の桐。その性質を最大限に引き出す、職人ワザに迫る。

*イッピン ▽暮らしにほっこり 木のぬくもり 福島 会津の桐(きり)製品

今すぐ無料会員に登録して、コメントを書き込もう!
姉妹サイト

注目情報

PR
追悼
J-CASTニュースをフォローして
最新情報をチェック
電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中