2018年 6月 22日 (金)

彼女らが土俵に上がらなかったら・・・オロオロの男たち尻目に心臓マッサージ

印刷

   大相撲の春巡業で、倒れた市長を助けようと土俵に駆け上がった女性看護師らに、「土俵から降りて」とアナウンスしたことについて、日本相撲協会の八角理事長は「不適切な対応でした。深くお詫び申し上げます」という声明を出したが、当然だろう。

   観客が撮影した動画を見ると、土俵上で挨拶をしていた京都府舞鶴市の多々見良三市長(67)が突然倒れたが、周囲は何が起こったのかとっさにわからず、しばらく市長は仰向けのまま横たわっている。その後、関係者が駆け寄ったが、成す術もなくおろおろしていると、看護師の女性が土俵に駆け上がって心臓マッサージを始めた。これを見て他の女性も助けに出た。

   後でわかるのだが、市長はくも膜下出血だった。この時の応急処置が良かったのか、容体は安定しているという。女性がいなければ、市長はどうなっていたかわからない。

  • 変わるべき
    変わるべき

女人禁制もう止めたら・・・

   元関取の大至は「(降りてくださいと言った)行司を責めることはできません。しかし、変わらなければならにものもある」という。土俵の女人禁制では、これまでさまざまな「ドラマ」があった。官房長官だった森山真弓氏が内閣総理大臣杯の授与を断られ、太田房江・大阪府知事の「知事賞授与」を相撲協会が認めなかったこともある。

   「女性は不浄なもの」という古来宗教などの「迷信」で、司会の加藤浩次は「変わらないといけないものもある、ということですね」と話した。

文   ヤンヤン
今すぐ無料会員に登録して、コメントを書き込もう!

注目情報

PR
追悼
J-CASTニュースをフォローして
最新情報をチェック
電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中