2018年 5月 27日 (日)

ヘビースモーカーの金正恩氏は愛妻から禁煙を迫られていた 南北融和ムードから漏れてきた「ちょっといい話」?

印刷

   ヘビースモーカーと見られる北朝鮮の金正恩委員長が人前で、妻の李雪主さんから「禁煙して」と言われたそうだ。

   朝日新聞や韓国メディアが報じたところによると、北朝鮮を訪問した韓国特使団の鄭義溶大統領府国家安保室長が3月5日(2018年)、晩餐会の場で金正恩委員長に「たばこは体に悪いのでおやめになったらどうですか」と話しかけたという。

北朝鮮の幹部の表情が凍りつくなか、夫人のひとこと

   北朝鮮の幹部の表情が凍りつくなか、手を叩いて喜ぶ女性がいた。それが李雪主さんで、「いつもたばこをやめてほしいと頼んでいますが、言うことを聞いてくれない」と言うと、金正恩委員長も笑顔で対応。場の雰囲気は和らいだそうだ。

   「ちょっと楽しい雰囲気じゃないですか。お願いしたいのは、このままほかの国の人々と話すのが楽しいな、もうちょっと交流してみようかなって気持ちになり、どんどん出てきてくれたらうれしいなと思います」(コメンテーターの橋口いくよ)

今すぐ無料会員に登録して、コメントを書き込もう!

注目情報

PR
追悼
J-CASTニュースをフォローして
最新情報をチェック
電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中