2018年 10月 19日 (金)

瞬間接着剤を固めず長持ちさせたい! ポイントは「冷蔵庫で保管」

印刷

   工作などに便利な瞬間接着剤だが、久しぶりに使おうと思ったら、フタごと固まって使えなくなっていることが多い。

   もったいないが、大手接着剤メーカーの吉本早希さんによると、固まってしまった時の復活方法は「ありません」。無理やり開けると破損するおそれがあり、買い直すしかないという。

   ムダにせず使い切るにはどうしたらよいのか。長持ちする保管方法を、副島淳リポーターが聞いた。

布で先端を拭き取ると発熱のおそれ

   使用後、先端に付いた接着剤を厚紙で拭き取る。ティッシュやふきん、作業用手袋など、染み込みやすいもので拭くと発熱のおそれがあるためNGだ。フタをしっかりと閉めたら、冷蔵庫で保管する。

   吉本さん「瞬間接着剤は水分と反応することで固まるので、水分の少ない冷蔵庫の中がベストです」

   瞬間接着剤の主成分は「シアノアクリレート」というもので、これが空気中や接着面の水分と反応して固まることで接着させている。部屋の中は季節や天気によって湿度が高くなることが多いが、冷蔵庫は常に湿度が30%ほどの低さに保たれていて、保管場所にもってこいなのだ。

   密閉びんの中に乾燥剤と瞬間接着剤を入れてフタを閉め、冷蔵庫に入れれば、さらに長持ちする。

   副島リポーター「冷蔵庫から出してすぐに使うと、容器が結露して接着剤が固まるおそれがあるので、常温に戻してから使って下さい」

   木工用ボンドなど、瞬間接着剤以外の接着剤も固まったらもう復活できないが、密閉して冷暗所で保管すると長持ちする。でんぷんのりは固まったら少し水を加えてよく混ぜれば使えるようになる。

   ピコ花子

今すぐ無料会員に登録して、コメントを書き込もう!

注目情報

PR
追悼
J-CASTニュースをフォローして
最新情報をチェック
電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中