2018年 6月 20日 (水)

「LINDBERG」の渡瀬マキが「発声障害」を告白 日本語で滑舌よく歌うとなる病気とか

印刷

   「今すぐKiss Me」などのヒット曲を飛ばした「LINDBERG」のボーカル、渡瀬マキさん(49)が「機能性発声障害」と診断されたことを11日(2018年4月)に公式サイトで公表した。

何気ない会話も苦痛になってしまった

   渡瀬さんは昨年(2017年)から体調が思わしくなかった上、喉に違和感を覚えはじめ、何気ない会話も苦痛になってしまったという。当面、治療に専念するそうだ。

   歌手の発声障害に詳しい「こまざわ耳鼻咽喉科」の駒澤大吾院長にとくダネ!が聞いたところでは、機能性発声障害の原因は、自然な発声ではない状態で声を使い続けること。症状としては声がかすれたり、出やすいはずの音域が出なくなったりするという。

   歌手の場合は、日本語で滑舌よく歌うと声帯に負担がかかり、発症しやすいという。一方、英語の歌や英語風に日本語で歌うと声帯に負担がかからないという。

   小倉智昭キャスターは「笠井(信輔)君なんか、発症しにくいほう?

   笠井信輔アナ「どうですかね」(小倉にたびたび滑舌の悪いことをからかわれている)

   伊藤利尋アナ「ボクは何にも言えません」

今すぐ無料会員に登録して、コメントを書き込もう!

注目情報

PR
追悼
J-CASTニュースをフォローして
最新情報をチェック
電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中