2018年 8月 19日 (日)

東大新入生100人の「気になるニュース」1位は?その理由がまた凄い

印刷

   東京大の入学式がきのう12日(2018年4月)に日本武道館で行われた。来賓として、元東大教授で「スッキリ」のコメンテーター、ロバート・キャンベルさんが祝辞を述べた。「真の教養」について、「ファクトを切り出して、論理と共感というきわどいバランスを、そのつどくりだすスキルを身につけることに尽きる。これが本来の教養であると、私は考えます」と語った。ううん、さすが東大、祝辞からして難しい。

超秀才女子大生「東大は半年だけ。ハーバード、プリンストンも合格してるので」

   今年の新入生は3132人。男子2522人、女子は610人だ。その新東大生はどんな学生たちなのか。「スッキリ」が100人に聞いた。まず「将来の夢」は、1位は研究者で10人。2位が官僚で9人。3位が国際関係の7人だった。

   「東大でしたいこと」を聞くと、「中退します」という女子学生がいた。聞けば、すでにハーバード大、プリンストン大などに合格していて、「来週からアメリカへ行く」が、アメリカの新学期(9月)までは東大にいるのだという。

   司会の加藤浩次「普通だったら、半年休みたいと思うけどね」

   近藤春菜キャスター「そう思っちゃうところが、東大に入れない理由なんですよ」

加藤浩次「こっちは『大谷よく打つなあ』だけなのに」

   「気になるニュース」も聞いた。3位が北朝鮮問題で7人、2位が森友・加計学園問題で16人で、加藤は「われわれと同じだ」。では、1位の18人は?

   水卜麻美キャスター「ちょっと意外なんです」

   加藤「インスタ映えでしょ」

   大畑大介(ラグビー元日本代表)「世間の注目からいうと、大谷選手だと思う」

   これが正解だった。その理由を聞くと、「絶対に諦めない姿は参考になる」「精神的に先を見通す将来への計画性はすごい」というものだった。

   加藤が「こんなこと言えるか。こっちは、『よく打ったなあ』ですよ」

   本上まなみ(俳優)「本当みんなキラキラしていて、先が楽しみ」

文   ヤンヤン
今すぐ無料会員に登録して、コメントを書き込もう!

注目情報

PR
J-CAST会社ウォッチ会員向けセミナー
しごとの学校
  • 【限定30名】スマホでわかるGDPR入門セミナー~あなたの会社、準備は大丈夫ですか?~

  • 企業承継と相続対策セミナー弁護士は見た!「社長が認知症に!? 悲惨な現実と対応策」

  • 「"無期転換ルール" あなたの会社は大丈夫?」 ~これからでもできる!企業のリスク回避術~

  • 追悼
    J-CASTニュースをフォローして
    最新情報をチェック
    電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中