<リメンバー・ミー>
大人が大泣きするディズニーアニメ!みんなの記憶から消えたとき訪れる「二度目の死」

印刷

   メキシコの靴作りを営む家に生まれた少年ミゲルは音楽を愛していたが、ひいひいお爺さんが家族を捨てて音楽に走ったこともあって、一家には「音楽を禁止する」という掟があった。ひいひいお爺さんを知るのはもはやその娘で、ミゲルのひいお婆さんのママ・ココだけだが、ママ・ココも年老いて記憶は定かではない。

   先祖が家族に会いに来る「死者の日」に、ミゲルは伝説のミュージシャン、エルネスト・デラクルスとひいひいお爺さんが同じギターを持っていることに気が付く。デラクルスがひいひいお爺さんなのではないか。それにあやかろうと、音楽コンテストに挑戦したのを祖母エレナにみつかり、大切なギターを壊されてしまう。

   ミゲルは家を飛び出し、デラクルスの霊廟に行き、そこに飾られていたギターに触れると、体が透け、「死者の国」へ迷いこんでしまう。そこで出会ったガイコツのヘクターと元の世界へ戻ろうとするのだが・・・。

   アカデミー賞の長編アニメーション賞、主題歌賞を受賞した。監督は「トイ・ストーリー3」のリー・アンクリッチだ。

死者と今をつなぐ家族の絆

   「死者の国」にきても、そこは永遠ではない。現世の人の記憶から消えてしまうと、死者の国から消滅してしまうという「二度目の死」が待っている。このあたりは非常に大人向けというか、いろいろと考えさせられる。生きるとはただ肉体として存在するということではなく、誰かに記憶されるということだという示唆なのだろう。

   ある意味では、みんなに悲しまれる生者の国の最初の死よりも、すべての人から忘れ去られてしまう二度目の死の方が切ないかもしれない。この映画のタイトル「リメンバー・ミー」(私を忘れないで)はそれを意味しているのだろう。同名のテーマソング「リメンバー・ミー」も、見終わった後、何度も口にしたくなる。

   ひいひいお爺さんもいまやママ・ココの中だけに生きていて、ママ・ココが記憶を失ったときに二度目の死を迎える。しかし、そこに家族の絆を感じさせ、ほっこりとした気持ちにさせてくれる。

ディズニー/ピクサー・アニメとしては感動イマイチ

   ただ、同じディズニー/ピクサー・アニメでも「カールじいさんと空飛ぶ家」や「アナと雪の女王」の感動には及ばなかった。ミゲルが「死者の国」への旅に出る動機である「音楽を愛している」という純粋な気持ちが、大人たちの「音楽で成功したい」というドロドロした欲求に巻き込まれてしまうという残念な感じが否めないのだ。ミゲルの目線でもっと「死者の国」を見て欲しかった。

   PEK0

   おススメ度☆☆☆

  • コメント・口コミ
  • Facebook
  • twitter
コメント・口コミを投稿する
コメント・口コミを入力
ハンドルネーム
コメント・口コミ
   

※誹謗中傷や差別的発言、不愉快にさせるようなコメント・口コミは掲載しない場合があります。
コメント・口コミの掲載基準については、コメント・口コミに関する諸注意をご一読ください。

注目情報PR
追悼
電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中