2021年 9月 17日 (金)

法律を武器にいじめ、モンペに立ち向かう 神木隆之介が「スクールロイヤー」演じる新ドラマ

新規入会で5,000円相当の楽天ポイントプレゼント!
(C)NHK
(C)NHK

   いじめ、体罰、モンスターペアレント、教師のブラック労働...学校が抱えるさまざまな問題に、新人弁護士が法律を武器に立ち向かう学園ヒューマンドラマ「やけに弁の立つ弁護士が学校でほえる」がスタート。放送は毎週土曜夜、全6回を予定。

   新人弁護士・田口章太郎(神木隆之介)は、弁護士事務所のボス・高城英子(南果歩)の命で、「スクールロイヤー」(法的観点から継続的に学校に助言を行う弁護士)として、青葉第一中学に派遣された。学校は、保護者・水島(堀内敬子)から娘が体罰を受けたと抗議を受けていた。田口は法律を武器に水島を追い返す。校長の倉守(小堺一機)は事なきを得たと上機嫌だが、教務主任の三浦(田辺誠一)は田口のやり方に反発する。それから数日後、体罰問題は思わぬ事態へと発展する―。

   *やけに弁の立つ弁護士が学校でほえる

今すぐ無料会員に登録して、コメントを書き込もう!
姉妹サイト

注目情報

PR
追悼
J-CASTニュースをフォローして
最新情報をチェック
電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中