2018年 11月 20日 (火)

「テレ朝がまず次官のセクハラを伝えなければいけなかった」玉川徹が反省

印刷

   テレビ朝日の篠塚浩報道局長はきょう19日(2018年4月)未明、財務省の福田淳一次官(58)からセクハラ被害を受けていたのはテレビ朝日の女性記者だったと明らかにし、けさの「モーニングショー」でこの問題をどう取り上げるのか注目されていた。

tv_20180419144902.jpg

   玉川徹(テレビ朝日解説委員)は「本当はこれ(セクハラ行為)はテレビ朝日で伝えなければならなかったんだと思います。テレビ朝日も反省しないといけない」と話した。そして「許せないのは、財務省は(セクハラ被害を)分かったうえで、(しらを切り続ける)対応をしたこと。(記者が)公表したことは一個人として評価できます」

   政治評論家の田崎史郎氏は「このテレ朝の女性記者を尊敬しています。彼女がこういう行動をとらなければ、ウヤムヤになっていましたからね。福田さんを許せないのは、ブラ下がり会見で頭を1回も下げていないことです。悪いと思っていないんでしょうね。自分が正しいといまだに言っている」

文   モンブラン | 似顔絵 池田マコト
今すぐ無料会員に登録して、コメントを書き込もう!

注目情報

PR
J-CAST会社ウォッチ会員向けセミナー
しごとの学校
  • 「就活応援」トークライブ北条かや×石渡嶺司の「会社に騙されないシューカツ」

  • 追悼
    J-CASTニュースをフォローして
    最新情報をチェック
    電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中