2018年 12月 12日 (水)

20年大河は明智光秀―長谷川博己主演で「逆臣」「本能寺の変」を新解釈

印刷

   再来年2020年のNHK大河ドラマは明智光秀を主人公にした「麒麟がくる」に決まった。主演は長谷川博己、池端俊策が脚本を書く。光秀は主君殺しの逆臣、秀吉とは真逆のインテリ、策謀家、人質の母親を見殺しにされた悲劇の武将など、これまでさまざまに描かれてきたが、池端は「さらに別の顏があったのではないか」という。

   人物像を掘り下げるため、信長や光秀らが子どもだった父親の時代から物語をスタートさせるという。戦国時代最大のミステリーである「本能寺の変」も新解釈がありそうだ。

(テレビウォッチ編集部)

今すぐ無料会員に登録して、コメントを書き込もう!

注目情報

PR
J-CAST会社ウォッチ会員向けセミナー
しごとの学校
  • ついに第1号か!? GDPR違反で巨額制裁金 課される企業はあの......

  • 「就活応援」トークライブ北条かや×石渡嶺司の「会社に騙されないシューカツ」

  • 追悼
    J-CASTニュースをフォローして
    最新情報をチェック
    電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中