2018年 7月 17日 (火)

SHISHAMO松岡、満喫の北海道で「なんとも言えない気持ち」になった「摩周湖の伝説」

印刷

   3人組ロックバンド「SHISHAMO」のベース・松岡彩が23日(2018年4月)ブログを更新し、ライブで訪れた北海道での出来事を報告した。

   現在ワンマンツアー中のSHISHAMO。21、22日の札幌でのライブに前後して、「4日間ほどいろいろなところに観光に行った」とのこと。

   その内容は、

「硫黄山で、蛍光の黄色だーウワァー!って言って硫黄の煙浴びてちょっとクサくなったりとか、足湯でぐでんぐでんになって昼寝したりとか、円山動物園でホッキョクグマ見てはしゃいだりとか、あとは野生の鹿を発見したり、野生のキツネも見たよ! 勝手丼も美味しかったし...ジンギスカンも食べたしね~~ 幸せしかない すごい」

と満喫した様子がうかがえる。

   中でも、

「摩周湖すごい綺麗だったんだよ!!! すごい晴れてて、湖に山とか雲が映ってるの!!!鏡みたいに!!! ほんで青くてね、とにかくすごくて、言葉じゃ伝えきれないや」

と晴天を背景にした摩周湖の看板と3人が笑顔の写真も載せ、特別感動したようだ。

   一方で、

「でもね、なんか摩周湖の伝説ってのがあるらしくて、独り身の人が、晴れた摩周湖をみたら婚期が遅れるんやって... なんとも言えない気持ちになったね...」

と少し複雑そうな心境をにじませた。

   とはいえ、

「今回でより北海道が好きになって、また来たいなと心の底から思いました」

と結んだ。

今すぐ無料会員に登録して、コメントを書き込もう!

注目情報

PR
追悼
J-CASTニュースをフォローして
最新情報をチェック
電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中