2018年 9月 20日 (木)

<正義のセ>(日本テレビ系)
難解な謎解きなし、複雑な人間関係なし・・・ドジな新人検事・吉高由里子お気楽ドラマ

印刷

   吉高由里子演じる新人検事、竹村凛々子は、正義感が強く、思い込んだらまっしぐらの直情派だ。そんな彼女が、不器用ながらも懸命に事件と向き合い、成長していくお仕事ドラマである。

   凛々子が横浜地方検察庁港南支部に配属されたところから始まる。支部長(寺脇康文)以下、優しい先輩検事(塚地武雅)、嫌な雰囲気を漂わせる先輩検事(三浦翔平)、そして、凛々子の担当事務官(安田顕)、凛々子の恋人(大野拓朗)、両親(生瀬勝久・宮崎美子)、妹(広瀬アリス)らが出演している。毎回違うゲストもお楽しみで、第1話は石黒賢、浅利陽介、第2話は財前直見、石橋保、大澄賢也だった。

キムタク「HERO」のオンナ版

   検事のドラマというと、キムタクが型破りな検事を演じた「HERO」があるが、これはいってみればオンナ版「HERO」。事務官3人が居酒屋で飲みながら愚痴り合うなんて、似たようなシチュエーションもちらほら出てくる。

   凛々子はいわゆるドジッ子で、吉高の喋り方のせいか、頭もそんなに優秀には見えず、どうやって検事になったのかが気になる。ヒロインの成長物語だから、最初の設定を低めにしてあるとしても、喜怒哀楽が顏にあらわれたり、すぐに人を信じてしまったり、適正検査でひっかかるレベル。研修生ならわかるが、かりにも一人前の検事なのに大丈夫だろうか。

中途半端な広瀬アリス起用もったいない

   目新しさはないし、ストーリーも人物設定も、既視感アリアリだが、裏を返せば、身構えることなく安心して見られるということでもある。仕事から帰ってきて難解なドラマを見ると余計に疲れてしまうが、これなら気負うことなく楽しめる。

   朝ドラ「わろてんか」で注目の広瀬アリスが、どうでもいいような妹役なのはもったいない。これからの活躍に期待したい。先輩検事の三浦翔平との関係がどうなるのかも気になる。1話完結なので見られる時に見ればいいという気楽さも〇。

   阿川佐和子原作。主題歌は福山雅治「失敗学」。(毎週水曜よる10時~)

   大熊猫

今すぐ無料会員に登録して、コメントを書き込もう!

注目情報

PR
J-CAST会社ウォッチ会員向けセミナー
しごとの学校
  • 【9月28日開催】中小企業の役員・総務担当者はマスト! 企業承継と相続対策セミナー弁護士は見た!「社長が認知症に!? 悲惨な現実と対応策」

  • 【9月20日開催】人事・労務担当者必聴セミナー 「"無期転換ルール" あなたの会社は大丈夫?」 ~これからでもできる!企業のリスク回避術~

  • 追悼
    J-CASTニュースをフォローして
    最新情報をチェック
    電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中