2018年 5月 27日 (日)

メンバーの山口が・・・国分太一「ビビット」で声詰まらせて謝罪

印刷

   TBS系の朝のワイドショー「ビビット」(月~金あさ8時)の司会を担当する「TOKIO」の国分太一は、けさ26日(2018年4月)の番組冒頭で、「同じメンバーでもあります山口達也が強制わいせつ容疑で大変ご迷惑をおかけしました」と謝罪した。

   国分は黒のスーツ姿、黒ネクタイで、いつもの明るい笑顔とは打って変わって目は泳ぎ、時に涙を浮かべ、声を詰まらせてさらにこう語った。

   「なにより被害にあわれた女性にメンバーとして謝罪させていただきます。山口が起こしたことは、絶対に許される行為ではありません。20年以上一緒にいるメンバーがこんなことを起こしてしまったことを驚き、悲しみ、悔しい思い、いろんな感情が湧き出ます。 なによりも山口を信じ、ずっと追い続けてくれましたファンの皆さん、本当に申し訳ございませんでした。そして、山口を信じ、ずっと一緒に仕事をしてくれた皆さん、悲しい思い、落胆する思い、たくさんの感情を作ってしまい、本当に申し訳ございませんでした」

   この間、国分は4回も深々と頭を下げた。

「連帯責任として受け止めます」

   山口が書類送検されたことを知ったのは、きのう、フジテレビでTOKIOとしての収録が終わった後で、山口を除く4人のメンバーにマネジャーが伝えたという。

   「そして、その後のメールのやりとりなどで、どんなことがあっても連帯責任と受け止めなければいけないと話しあいました」と話した。山口にはまだ連絡していないという。(テレビウォッチ編集部)

今すぐ無料会員に登録して、コメントを書き込もう!

注目情報

PR
追悼
J-CASTニュースをフォローして
最新情報をチェック
電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中